記事詳細

戻る

夢考房チームが新記録・燃費2416km/リットルで3連覇達成

2013年10月6日UP

夢考房チームが10 月6日(日)ツインリンクもてぎスーパースピードウェイで開催された自作省エネカーによる燃費競技会「本田宗一郎杯Hondaエコ マイレッジ チャレンジ全国大会」で新記録・燃費2416km/リットルを出し、3連覇を達成しました。

 

 

金沢工業大学夢考房エコランプロジェクト(大会出場メンバー8名:3年生1名、2年生5名、1年生2名)のオリジナルエンジン搭載車両「stradale」(読み ストラダーレ)」は、10月6日(日)、ツインリンクもてぎスーパースピードウェイ(栃木県)で開催された自作省エネカーによる燃費競技会「本田宗一郎杯Hondaエコ マイレッジ チャレンジ2013 第33回 全国大会」決勝において燃費2416.344km/リットルを記録し、「グループIII」(大学・短大・高専・専門学校生クラス)で3連覇を果たしました。夢考房チームの同大会でのクラス優勝は通算7度目です。

 

夢考房チームが今大会で記録した燃費2416.344km/リットルは、自身が一昨年に同大会で記録したグループIII大会レコード・燃費2083.671/リットルを330km/リットルも更新する新記録です。

 

 

「本田宗一郎杯 Hondaエコ マイレッジ チャレンジ」は、一人乗りの自作自動車で、平均速度25km/h以上で、規定時間39分20秒11以内に、7周(16.38968km)走行し、どれだけ少ない燃料で走行できるかを競うもので、大学・短大・高専・専門学校生クラスである「グループIII」には86チームがエントリーし、48チームが完走しました。

 

夢考房チームは燃費のさらなる向上を目指し、昨年から1年間、エンジン温度や回転数、空燃比、点火時期などの条件を変えてベンチテストに取り組んできました。

大会前日にはエンジンが始動しないトラブルも生じましたが、2年生メンバーが中心となって問題を特定し、電装系での問題を解決。6日本戦では日ごろの走りを可能としました。

また競技中に雨が降り視界が悪くなったものの、夢考房チームは果敢な走りを見せ、自身が持つクラス記録を大幅に更新しました。

 

上位3位までの成績は以下の通り。

1位 KIT夢考房(金沢工業大学) 燃費2416.344km/リットル
2位 名城大学Nova 燃費1803.348km/リットル
3位 八戸高専自動車工学部NP号III 燃費1731.827km/リットル

 

[関連情報]
夢考房エコランプロジェクトWebサイト
http://www2.kanazawa-it.ac.jp/ecorun/index2.html