記事詳細

戻る

200個の手作りのあかりのオブジェが城下町・金沢の秋を彩る金澤月見光路2013開催

2013年10月11日UP

金沢工業大学では、月見光路プロジェクト(環境・建築学部が中心となった有志学生180名による地域連携プロジェクト)によるライトアップイベント「金澤月見光路2013」を10月11日(金)から13日(日)まで、金沢市役所前、しいのき迎賓館緑地広場、広坂商店街前、金沢21世紀美術館、石浦神社を会場に開催します。

金沢工業大学の学生手作りの約200個のあかりのオブジェが、金沢らしい幻想的な空間を演出します。

さらに今年は、金沢駅プロジェクションマッピングで金沢駅東広場を光のアートで幻想的に彩ります。

 

【金澤月見光路2013】

日時:10月11日(金)〜10月13日(日)18 時〜22時  

場所:金沢市役所前、しいのき迎賓館緑地広場、広坂商店街前、金沢21世紀美術館、石浦神社

試験点灯: 10月10日(木)18時頃〜19時頃予定

試験点灯の場所:金沢市役所前、しいのき迎賓館緑地広場、金沢21世紀美術館のいずれか

       

 

【金沢駅プロジェクションマッピング】

(北陸新幹線開業記念KickOffイベント連携事業)

 

テーマは「光の流れ」。平成27年3月の北陸新幹線開業を迎える金沢駅東広場を光のアートで幻想的に彩ります。鼓門上部には金沢をイメージした動く光のアート(プロジェクションマッピング)を映写。

光のアートでは、Kinectによる人感センサーを利用して人の動きに合わせた映像変化も実施します。

 

日時:10月12日(土)〜13日(日)18時30分〜21時  体験無料 

場所:金沢駅東口(鼓門周辺)

試験点灯:10月11日(金)17時30分〜18時30分

 

 

金澤月見光路2013について

月見光路(つきみこうろ)とは、金沢市中心市街地を元気づけようと、金沢工業大学の学生達と地元商店街・地域住民が連携して、あかりで街中を幻想的に演出するライトアップイベントです。学生自らが制作したたくさんのあかりを街の中に散りばめ、夜の城下町をロマンチックに演出します。また、地元商店街や地元住民が参画し、あかりで演出したコンサートやカフェも開催し、訪れた方々に優雅でゆっくりとした時間が楽しめるような「おもてなし」も行っています。このイベントは金沢21 世紀美術館の開館に合わせて平成16年から実施され、今では城下町・金沢の秋の風物詩として親しまれています。

受賞実績:北陸建築文化賞(2007年度)、グッドデザイン賞(2009年度)、金沢市文化活動賞(2013年度)

 

【開催内容】(抜粋)

□ あかりのオブジェのライトアップ(金沢工業大学生制作) 期間中 18時〜22時 無料

今年は「変化するあかり」をテーマとし、金沢市役所前広場をメイン会場に約200個の手作りのあかりのオブジェを街中に散りばめ、金沢らしい幻想的な空間を演出します。

詳細は別紙「あかりマップ」をご覧ください。

 

□ 金澤月見散歩

期間中 18時〜21時 体験無料 場所:しいのき迎賓館前庭

あかりオブジェ「流れ星II」を手に持って、夜のお散歩をしてみませんか?会場内にある5つのチェックポイントを巡り、デジタルスタンプをゲットしよう!

協力:金沢工業大学メディア情報学科出原研究室

 

□見て楽しい、触れて楽しい、色が変わる世界

 

期間中 18時〜22時 体験無料 場所:しいのき迎賓館前

あかりのオブジェを触って色を変える!? オブジェに近づいたり、触れたりするとオブジェの色が変わるセンサーを使った体験ができます。

協力:金沢工業大学マイクログリッドプロジェクト

 

□グリーン電力について考えよう

期間中 18時〜22時(13日は9時から22時)体験無料 場所:広坂商店街

限りある自然エネルギーを生活の中でどのように活用できるか。グリーン電力について理解を深めてみましょう。

協力:金沢工業大学グリーン電力プロジェクト

 

□金沢駅プロジェクションマッピング

12日(土)-13日(日)18時30分〜21時 体験無料 場所:金沢駅東口

テーマは「光の流れ」。平成27年3月の北陸新幹線開業を迎える金沢駅東広場を光のアートで幻想的に彩ります。鼓門上部には金沢をイメージした動く光のアート(プロジェクションマッピング)を映写。光のアートでは、Kinectによる人感センサーを利用して人の動きに合わせた映像変化も実施します。

協力:金沢工業大学メディア情報学科出原研究室

 

その他、ひかりコンサートやつきみcaféなど盛りだくさんの内容で実施します。

詳細はこちら>>