記事詳細

戻る

建築を学ぶ学生の目線で金沢の魅力を紹介
「カナザワケンチクサンポ」が好評

2013年5月11日UP

金沢工業大学建築系の学生たちが、学生の目線で金沢の建築やまちなみの魅力を紹介した散策マップ「カナザワケンチクサンポ」が好評を得ています。

 

「カナザワケンチクサンポ」は、金沢工業大学と金沢市との連携事業である「金沢の建築文化発信事業」の一環として作成されたものです。

 金沢市公式ホームページ

http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11001/kenchikusanpo/kenchikubunka.html

 

建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞した妹島和世氏・西沢立衛氏の代表作「金沢21世紀美術館」や、ニューヨーク近代美術館(MoMA)を手がけた谷口吉生氏が設計した「鈴木大拙館」をはじめ、金沢の新旧の街並みが共存する柿木畠や里見町、水溜町、新竪町、本多町の見どころを紹介し、楽しみながら散策できる冊子となっています。

 

Vol.1に引き続き、Vol.2も制作を予定しています。

 

「カナザワケンチクサンポ」を手に、まちを発見してみませんか。

PDFはこちら>>

 

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します