記事詳細

戻る

クラスルーム端末にデスクトップ・クラウドを活用

2011年4月30日UP

金沢工業大学は、日本アイ・ビー・エム株式会社の協力のもと、IBMのデスクトップ・クラウド・ソリューション「IBM Smart Business デスクトップ・クラウド構築サービス」を活用し、学生が利用するクラスルーム端末向けにデスクトップ・クラウド環境を構築します。
 

第1次リリースとして、情報工学科やメディア情報学科の演習科目を対象に、学生が授業で利用する演習用アプリーケーションの利用環境の提供、学内に設置してある情報検索端末の仮想化を目的として、約40台のデスクトップ・クラウド環境を2011年4月に構築しました。
 

今まで、演習室の専用PCでしか利用出来なかった情報演習環境が仮想デスクトップにより学内イントラネット各所から利用出来る事となり、場所と時間の制約が無い柔軟な教育環境が実現します。