記事詳細

戻る

第16回学生CGコンテストで在学生・卒業生が活躍

2010年12月17日UP

CG-ARTS協会(財団法人 画像情報教育振興協会)が主催する第16回学生CGコンテストで、KITの在学生1名、卒業生1名が受賞の快挙を遂げました。


 静止画部門 CG−ARTS推薦賞受賞

「シュート練習」
山田 康司
金沢工業大学
工学研究科 バイオ・化学専攻 2年

拡大画像


インタラクティブ部門 優秀賞受賞

「Shadow touch!!」
坪倉 輝明
金沢工業大学
情報フロンティア学部
メディア情報学科 2010年3月卒業
(サイバーステーション株式会社勤務)

作品紹介及び動画はこちら
(現在アクセスが集中しているようです)

youtube公開版

第16回学生CGコンテンストは学生もしくは2010年3月卒業生までを対象とした、デジタルコンテンツ作家を育成・発掘するためのコンテストです。審査員には1993年に世界に衝撃を与えたNHKスペシャル「脅威の小宇宙・人体」のCGクリエータとして知られる原田大三郎氏や、大ヒット映画「サマーウォーズ」や「デスノート」、来年公開の「GANTZ」のCGプロデューサーとして有名な豊嶋勇作氏が務める大規模なもの。今回は1221作品の応募があった中での数少ない受賞となりました。