記事詳細

戻る

「e-messeKanazawa2010」「MEX金沢2010」に
金沢工業大学から出展

2010年5月20日UP

石川県を代表する工業見本市である「e-messeKanazawa2010」「MEX金沢2010」に、金沢工業大学が出展いたします。「e-messeKanazawa2010」では学生による産学連携「CirKitプロジェクト」や「空間情報プロジェクト(山本知研究室)」。「MEX金沢2010」では、先端材料創製技術研究所、ものづくり研究所、石川・畝田研究室らの研究成果が発表されます。


【e-messeKanazawa2010】
5月20日(木)
22日(土)10:0017:00
石川県産業展示館1号館
出展情報 (https://www.e-messe.info/eventsys/userinfo/show_userinfo.php?booth=202#user9)


・CirKitプロジェクト
金沢工業大学の学生が主体となり、野々市町ならびにビジネスパートナーの方々といわゆる産官学の連携した「ITを活用した地域活性化」に取り組むプロジェクトです。


・空間情報化プロジェクト
空間情報を利用した3次元映像や立体音響などの様々なシステムや設備の開発を目指した、研究プロジェクトです。



【Mex金沢2010 第48回機械工業見本市】
5月20日(木)
22日(土)10:0017:00
石川県産業展示館4号館
出展情報 (http://www.tekkokiden.jp/mex/0069.html)


・先端材料創製技術研究所
主な展示品:カスタムメイド人工股関節、衝撃吸収ライナー、股関節摩擦摩耗シミュレータ、高速加工を可能とする小型旋盤など
展示物の見どころ:最新・最良の医療技術を提供することを目的として,金沢医科大学と金沢工業大学間で取り組んでいる医工連携プロジェクトについて紹介する。これまでなし得なかった新規手法を工学的見地に立って医工の癒合を図り、変形股関節症とその治療法など最新・最良の医療技術についてその成果を公開する。


・ものづくり研究所
主な展示品:「ハイテク夢考房プロジェクト」の紹介
展示物の見どころ:ものづくり研究所で培われた技術基盤をもとに、産業界、大学教員、学生が一体となって産学連携/地域連携で「ものづくり」に取り組むことにより、産業界への技術貢献、本学学生の「行動する技術者」としての人材育成を目指しているものです。連携企業の募集も行っています。
また、卓上電子顕微鏡によりミクロな世界の観察の実演を行っています。


・振動応用工学(石川・畝田)研究室
主な展示品:ポリシングパッド表面性状測定機
展示物の見どころ:本研究室と連携企業(不二越機械工業株式会社)で共同開発したポリシングパッド表面性状測定機を展示します。これはポリシングパッドの表面性状を定量的に評価できる画期的な測定機であり、ダブプリズムを用いた画像取得方法(特許出願中)と専用画像解析ソフトウェアを採用したことで従来にない優れた結果が得られます。また、本研究室で実践する各種研究テーマ概要並びに教育成果も併せて展示します。