記事詳細

戻る

金沢歴史的建造物関連資料アーカイヴスに関する覚書を締結

2010年3月18日UP

 金沢市が保有・保管する建築等に関する貴重な歴史遺産関連資料をデジタルデータ化して保存・利用する「金沢歴史的建造物関連資料アーカイヴス」について、金沢工業大学と金沢市が連携・協力する覚書を交わしました。


 金沢工業大学の建築アーカイヴス研究所では日本建築家協会との共同事業として建築アーカイヴスを構築してきた実績があり、その技術を利用して、金沢市が保有・保管する資料を保存し、地域の役に立てるように活用することを目的としています。


 金沢工業大学では、金沢市の資料のデジタルデータ化を進める一方、原本の保存も行い、今後は実物の建築図面の展示なども進めていく予定です。