記事詳細

戻る

“脳活” グッズが眠気を減少させることを確認 (感動研)

2009年12月24日UP


金沢工業大学感動デザイン工学研究所は、日本デオドール株式会社とサラウンディング株式会社との共同研究の成果として、脳活香料の効果を確認しました。


以前より、サラウンディング(株)より発売されていた“脳活”グッズ商品の香料について、サーモグラフィーによる顔面温の測定から、眠気を減少させる傾向のあることが確認されました。


これは、産学連携教育・研究の一環として、本プロジェクト・テーマの提案があり、神宮英夫研究室の大学院システム設計工学専攻1年の半田辰徳君と心理情報学科4年の林大貴君が研究に取り組み、具体的な成果となったものです。


本製品は、石川県内の金沢神社・小松天満宮・椿原神社、うつのみや書店で発売されています。今後、感動研では、地元の企業との連携を深めて、地域発の感動商品開発を目指していきます。


なお、感動研での製品化などの研究成果として、第1号が昨年7月にエスディエス株式会社から発売された「モニタワー」、第2号が本年2月に米久株式会社から発売された「水餃子」のパッケージデザインがあります。この商品は、ジャスコをはじめとした、全国の大手量販店で販売されました。
これらの製品でも同様に、感動研のマークを入れた形で発売されています。


 
今後、感動研では、第4・第5の製品を順次発売する予定です。論文のような研究成果を挙げることはもちろんですが、このような製品化を行い、発売することによって市場の評価を得て、研究成果の実証性を確認するという試みを、オープンリサーチセンターとしての感動研では重要な活動と考えています。


【金沢工業大学 感動デザイン工学研究所ホームページ】
http://wwwr.kanazawa-it.ac.jp/ade/