TOP過去の取組>2010
金澤夕暮れ祭2009
【実施日時】 9月18日(金)〜21日(月) 18:00〜21:00
【開催場所】 しいのき迎賓館、金沢21世紀美術館、石浦神社、広坂商店街、金沢市役所前
【主 催】 広坂振興会・金沢工業大学・金沢中心商店街まちづくり協議会
【共 催】 しいのき迎賓館・石川県
【後 援】 金沢市
【協 力】 金沢21世紀美術館、金沢市立菊川町小学校、新竪町小学校、・馬場小学校、馬場幼稚園、金沢・加賀蒔絵振興事業、金沢芽生会、カフェ&ブラッスリー ポール・ボキューズ
【参加学生】 環境・建築学部 建築系( 建築学科、建築都市デザイン学科)ほか 1〜4年次生 合計150名


ライトアップをスライドショーで見る
■テーマ
・石川県庁舎からリニューアルした「しいのき迎賓館」をメイン会場に、あかりで彩る「花の庭」で夜の金沢を演出する。
・環境にやさしい活動をおこなう。
 
■行動目標
・地域住民と一緒に、金沢らしい演出の仕方を考え、実施することができる。
・環境に配慮したものづくり、行動ができる。
・自ら積極的に行動し、チーム活動を通して、地域とのコミュニケーションや仲間とのコミュニケーションを深める。
 
■プロジェクト活動
@プロジェクトKickOff
「今年も月見光路の季節がやってきた―」
これまでの月見光路プロジェクトの活動を担当指導教員の先生方が紹介してくれる。また一緒に活動する地域の人も顔合わせをする。 4年生のチームリーダーからは、各オブジェの紹介がされ、チーム編成を行う。
Aチームリーダーによるマスタープラン制作
4年生を中心として、事業ごとに出展するオブジェを確認。 どこにどのオブジェをおいたらよいか、見る人はどのように動くか、こんなオブジェを作ったらどうか・・・アイディアを出し合っていく。今年は、情報系の「CirKitプロジェクト」や環境系の「徳永研究室」とコラボレーションして、あかり以外のコンテンツも導入する。
B既存オブジェの修繕と新規オブジェの制作
先輩方の思いを受け継ぎ、これまでのあかりオブジェは、可能な限り修繕する。また、現場の視察、地域の人からの意見などを考慮し、新規デザインオブジェも考案。事前に、学内で試験点灯や対雨実験を通して、完成を目指す。
Cあかりの調整
いろいろな種類の電球。今年のテーマの「環境」にあわせ、約70%の電球をLED電球に変更。照度や彩度の違いを入念にチェックする。


Dプロのデザイナーとコラボ
パンフレットは、ポスターを制作してくれたデザイナーとデザインと構成を練る。

Eオブジェの設営・点灯の準備
マスタープラン案を基に配置。現地の大きな空間は、頭の中で描くものよりはるかに大きい。現場でかなりの調整が必要。
Fあかりの点灯
カウントダウンとともに点灯する無数のオブジェ。点灯した瞬間の感動は何とも言えない。

G反省会&懇親会
地域の人と一緒に反省会。来年に向けて、まだまだ課題がありそうだ。 同時に永年連続参加者の表彰も行われた。
 
■事業概要
@あかりオブジェ
篭あかり 花あかり 水面あかり よさりはな 綾あかり(彩)
涼風 綾あかり(竹) あかり山 あかり路 あかり結(馬場小)
あかり結(馬場幼) 星あかり 綾あかり(あかり橋 綾あかり(鈴) 雪あかり
     
あかり草木 あかり路(石)      
 
AQRコードあかりめぐり(金沢工業大学CirKitプロジェクト×金沢工業大学 月見光路プロジェクト)
無数のあかりを存分に楽しんでもらうために、会場を4つのエリアに分けて、4つの宝を探し出す「QRコードラリー」を実施。オブジェの横にあるQRコードを携帯電話で読み取ると、オブジェの紹介とルーレットが回る。4つの宝を探し出せると、月見光路オリジナル限定プレゼントがもらえる。

[協力] 金沢工業大学 CirKitプロジェクト

 
Bポスターとパンフレット (デザイナー・外海博章 氏×金沢工業大学 月見光路プロジェクト)
 
Cつきみカフェ・ひかりコンサート・あかりウェディング(NPO法人趣都金澤×金沢工業大学 月見光路プロジェクト)
[つきみカフェ]

[あかりウェディングショー]
 

 

[ひかりコンサート]
 
■「月見光路」ライトアップと会場の様子
ライトアップをスライドショーで見る









 

copyright Kanazawa Institute of Technology