TOP過去の実績>2009 > グッドデザイン賞受賞!
■受賞番号: 09D08003
■受賞対象名: あかりによる地域活性化プロジェクト
■ブランドなど: 月見光路
■領域/分類: 社会領域 - まちづくり・地域づくり
■受賞企業: 金沢工業大学 (石川県)

■プロデューサー: 金沢工業大学月見光路プロジェクトチーム+広坂振興会+金沢中心商店街まちづくり協議会
■ディレクター: 金沢工業大学 金谷末子、川ア寧史、宮下智裕、下川雄一、西村督
■デザイナー: 金沢工業大学月見光路プロジェクトチーム(建築系学生有志)

■概要: 金沢都心部の空洞化を背景として、照明オブジェにより広域的なランドスケープと夜景観の創出を行い、昼夜における都心部の活性化を図る「まちづくり+デザイン教育」プロジェクトである。この試みはH16年から開始され、「月見光路」としてNPO法人や幼稚園・小学校との協同、能登地震復興キャンペーンへの参加、金沢市との連携といった広がりを続けている。このデザイン制作やまちづくりは大学の実践的なデザイン教育の一環として行われている。そこでは金沢工業大学建築系学生有志が中心となり、計画意匠・景観・構造・構法・光環境といった専門背景を持つ教育・研究者の指導のもと、地域と協力しながらのデザイン活動を展開している。


マスタープラン&あかりの紹介 あかりにいざなわれ、集う人々のシーン
デザインコンセプトと事例 制作風景とプロジェクトの広がり

■グッドデザイン賞審査委員による評価コメント:
学生が主体となり、地域住民を巻き込み、まちを元気にするためのあかりのデザインプロジェクトである。5年間に渡り実践してきたこと、参加人数、参加エリアを見ると簡単に実現できるものではなく、その活動を評価したい。今後とも息の長い活動として継続していくために、ある意味無理なく、より本質的な金沢らしさを追求していくことを願っている。

※そのほかの詳細情報はこちら → グッドデザインファインダー http://www.g-mark.org/award/describe/35701

 

↑このページのトップへ

copyright Kanazawa Institute of Technology