TOP過去の取組>2007
【実施日時】 7月21日(土) 17:30〜21:00
【実施場所】 輪島市門前町 曹洞宗大本山總持寺祖院
(石川県輪島市門前町門前1-18番甲地)
【主催】 北國新聞、北國リビング新聞社
【参加学生】 「月見光路プロジェクト」の学生約30名

■テーマ
能登半島地震に対する復興祈願と、元気を取り戻しつつある被災地からのメッセージを発信する。
◆会場となった總持寺祖院の境内は、壁が剥がれ落ち、石段がずれているなど震災の影響を受けた形跡がそのまま残っており、参加した学生は自身の恐ろしさを改めて実感していた。
 

■境内を彩る約70個の「あかりのオブジェ」
◆学生はこのように地域住民と連携した活動を通して、「このような地震はどの地域でもありえること。みんなで力をあわせて復興のために努力をし、被災地の方々には1日も早く元気になってもらいたい」とエールを送っていた。
↑このページのトップへ

copyright Kanazawa Institute of Technology