sangaku
TOP >  学生の実践的な「教育研究プロジェクト」 > Design for the Community

Design for the Community(教育研究プロジェクト)

概要 (Project Summary)

本科目は、行政との地域連携教育研究プロジェクトです。本学の学生がデザイン思考の方法を用い、外国人住民に英語でインタビューを実施し、問題を見つけ、解決していくまでのプロセスを通して、地域との関わりを深め英語でのコミュニケーション能力とチームワーク作り、デザイン思考を学んでいきます。

This course is a project-based collaborative educational research project conducted with the iocal govemments.KIT students will use the Design Thinking method to discover and address issues speciffic to the foreign-resident community.Throughout the course of this project, students will learn not only the Design Thinking methodology, but also methods of English communition and teawork, deepening their relationship with the community in the progress 

 

プロジェクトでは、デザイン思考を用いプロジェクトの全ての行程を英語で進めていきます。また、このプロジェクトのユニークな点は、行政や市が一連の課題を出すのではなく、実際に住んでいる外国人に聞き取り調査をし、学生が自ら問題点を見つけ出すというところです。これにより、外国人住民の生の意見から必要性が高いものを選別、問題解決に取りかかることができます。

This project applies the Design Thinking method to address a new need in the foreign-resident community. Students will use English throughout the entire process and experience using the language as a tool for finding and solving problems within the Design Thinking framework. What makes this project unique is that students engage with the community directly to respond to problems at the grass-roots level. In other words, the city does not assign a task to the students; rather the students themselves interview non-Japanese residents to discover their real needs. This will allow students to discern the necessities for life in a given communtiy that they may have never considered, and improve the day-to-day life of its residents and city services.

 

Design thinking/デザイン思考とは、近年複雑化している問題に対し、例えば、環境問題やエネルギー問題など、ビジネスや社会全体を巻き込んで新しいモノづくりやコトづくり、更には、新しい価値を生み出す問題解決を導き出す方法です。この考え方はモノ中心ではなくヒト中心のデザインを構築し、商品を作るのではなく地域全体をデザインし、その地域の風土にあった商品やサービスをデザインしていくというものです。

Design Thinking is a method that points the way to innovative solutions to complex problems in the contemporary world, such as the environment, through direct involvement in the community. Above all, this method is human-centered, in contrast to product-centered methodologies, and focuses on design that fits the particular needs and characteristics of a given community.

 

目標 (Project Objectives)

Design Thinking/デザイン思考を用いた問題解決型学習を通して学生は以下のことを習得できます。
  1. デザイン思考
  2. 地域の風土にあった問題解決能力
  3. 英語でのコミュニケーション能力
  4. 英語でのコミュニケーションを通してチームワーク作り
  5. 異文化適応能力
Through this project students will develop and apply the following knowledge and problem-solving skills in a practical way within the community.
  1. Design Thinking
  2. Community-based problem-solving skill
  3. English communication skills
  4. Functioning as a team in an English-language environment
  5. Intercultural competence

プロジェクトスケジュール (Project Schedule)

1~8の課程を全て英語で行います。
  1. 学生へのデザイン思考ワークショップ 
  2. 外国人住民に英語でインタビューを実施
  3. インタビューでの情報を整理し、問題点を洗い出す
  4. 問題の解決策のアイデアを出し合い検討
  5. 解決策のプロトタイプ作製
  6. インタビューした方々へプロトタイプの説明をし、フィードバックをもらう
  7. フィードバックを基に、改良を加える
  8. 成果物をインタビューした方々に発表する
We will conduct processes 1-8 in English
  1. Design Thinking workshop for the participants
  2. Ethnographic studies (interview of foreign-residents)
  3. Identify needs
  4. Ideation (generate ideas, develop concept, and select design concept)
  5. Build prototype
  6. Propose solution and get user feedback
  7. Use feedback to improve prototype
  8. Present solution to foreign residents

外部機関連携 (Participating Outside Organizations)

野々市市役所 Nonoichi city hall
コードフォー金沢 Code for Kanazawa (from 2015)

現在までの成果 (Showcasing Our Work)

2016年度
  • 「野々市市防災パンフレット」「災害避難所表示アプリ(ウェブアプリ版)」
  • 「コミュニティバスのっティ時刻表(改訂版)」「PR用卓上POP」
    • 一般社団法人大学コンソーシアム石川平成28年度地域連携推進事業、地域課題研究ゼミナールの採択を受けました。
    • 平成29年度2月7日(火)野々市市役所にて仕上がったパンフレットの受贈式が実施され、粟市長にもご出席いただきました。
    2016 academic year
  • "Emergency Response Procedures,"
  • "Disaster Preparedness for Nonoichi (App which indicates the shelters),"
  • "Nonoichi City Community Bus Notty Bus Rote Map & Timetable (revised version),”
  • "POPPR"
    • This project was funded by a grant from 2016 University Consortium Ishikawa as a Community Service Research Seminar.
    • On February 7th, 2017, the city of Nonoichi held a ceremony in which project members presented the pamphlets to Mayor Takaaki Awa.
    Emergency Response Procedures
    Disaster Preparedness for Nonoichi (App which indicates the shelters) Nonoichi City Community Bus Notty Bus Rote Map & Timetable (revised version)
    Download (Free)
    Download (Free)

    2015年度
  • 「野々市市内医療機関一覧・マップ」「すくすく健康カレンダー」
  • 「ホスピタルインターフェイス(外国人向け医療施設サポートウェブアプリ)」
  • 「家庭ごみ分別表 (5374)(ウェブアプリ版)」
    • 一般社団法人大学コンソーシアム石川平成27年度地域連携推進事業、地域課題研究ゼミナールの採択を受けました。平成27年2月20日(土)、一般社団法人大学コンソーシアム石川主催「2015大学・地域アクティブフォーラム」で成果報告を実施、優秀賞に選ばれ表彰を受けました。
    • 平成28年度2月9日(火)野々市市役所にて仕上がったパンフレットの受贈式が実施され、粟市長にもご出席いただきました。
    2015 academic year
  • “Nonoichi Medical Facilities,” “Important Dates for Your Children’s Healthy Growth,”
  • “Hospital Interface (App which functions to help non-Japanese people figure out their way around when visiting a hospital),” “5374.jp App English version (or garbage separation)”
    • This project was funded by a grant from 2015 University Consortium Ishikawa as a community Community Service Research Seminar. On February 20th, 2016, at the "2015 University/Community Active Forum," Design for the Community received the Outstanding Performance Award and a commendation.
    • On February 9th, 2016, the city of Nonoichi held a ceremony in which project members presented the pamphlets to Mayor Takaaki Awa.

    2015年度より、金沢工業高等専門学校の学生とも恊働プロジェクトとして実施しています。また、今までに取り組んだ「家庭ゴミ分別表」は、Code for Kanazawa (非営利団体でITを使って地域の問題解決をする団体)との協働プロジェクトとして5394(ゴミなし)アプリの英語版作成にも携わっています。

    KTC students have been involved in this project from the beginning of the 2015 academic year. Also, building on our experience with the garbage pamphlet (Nonoichi City Home Garbage Collection Dates and Information), we are collaborating with Code for Kanazawa (NPO group that solves problems using IT) to create an application (called 5394) containing up-to-date garbage separation information.

    Nonoichi Medical Facilities Important Dates for Your Children’s Healthy Growth Hospital Interface (App which functions to help non-Japanese people figure out their way around when visiting a hospital)
    Download (Free)
    Download (Free)

    2014年度
  • 「コミュニティバスのっティ時刻表」
  • 「スポーツガイドののいち」
  • 「家庭ごみ分別表(改定版)」
  • 2014 academic year
  • “Nonoichi City Home Garbage Collection Dates and Information,” “Nonoichi City Community Bus Notty Bus Rote Map & Timetable,” and “Sport Guide.”
  • Nonoichi City
    Home Garbage Collection Dates & Information
    SPORTS GUIDE
    NONOICHI
    Download (Free)
    Download (Free)
    • 平成27年2月27日(金)、野々市市役所にて仕上がったパンフレットの受贈式が実施され、粟市長にもご出席いただきました。
    • 一般社団法人大学コンソーシアム石川平成26年度地域貢献型学生プロジェクト推進事業の採択を受けました。平成27年2月21日(土)、一般社団法人大学コンソーシアム石川主催「2014大学・地域アクティブフォーラム」で成果報告を実施、Design for the Community が優秀ポスター賞に選ばれ表彰を受けました。
    • On February 27th, 2015, the city of Nonoichi held a ceremony in which project members presented the pamphlets to Mayor Takaaki Awa.
    • This project was funded by a grant from 2014 University Consortium Ishikawa as a community contribution student project. On February 21st, 2015, at the "2014 University/Community Active Forum,” Design for the Community won the Best Poster Award and received a commendation.
    2013年度
  • 「家庭ごみ分別表」
  • 2013 academic year
  • “Nonoichi City Home Garbage Collection Dates and Information”
  •  

    担当教員 (Faculties)


    基礎教育部
    英語教育課程
    藤井 清美 准教授
    Kiyomi Fujii
    (KIT Project Director)

    基礎教育部
    英語教育課程
    ブレント・ライト
    講師
    Brent Wright

    基礎教育部
    英語教育課程
    ニコラス・ダフ
    講師
    Nicholas Duff

    金沢工業高等専門学校
    グローバル情報学科
    松下 臣仁 教授
    Omihito Matsushita (KTC Project Director)

    金沢工業高等専門学校
    グローバル情報学科
    ロバート・ソンガー 准教授
    Robert Songer