ホーム > 学科・課程・研究室に関するプログラム > 研究所

学科・課程・研究室に関するプログラム

学科・課程・研究室で実施しているプログラム

研究所

ハイテク夢考房プロジェクト

対象学生: 機械工学科、ロボティクス学科、航空システム工学科、電気電子工学科、応用化学科、応用バイオ学科 2年
担当教員: 機械工学科 山部昌
活動期間: 2年次 夏休み機関の2週間程度
プログラム概要

  『ものづくり』を通じて、産業界への技術貢献と「自ら考え行動する技術者」として人材育成を行う、今までにない形の教育・研究プロジェクトです。
学部4年生、および大学院生を対象とし、学部・学科・研究室を超えて参加できます。
ものづくり研究所では、色々な基盤技術を開発してきました。これらの技術を応用し、ものづくりへとつなげるプロジェクトです。

主なプロジェクトテーマ

(1) コンピューターシミュレーションによる高機能福祉製品を開発しよう!
(2) 真空成膜技術を使って新しい機能性材料を開発しよう!
(3) FRPを使った軽量で高剛性な構造体を作ろう!
(4) 水環境浄化技術を使って希少金属を回収しよう!(連携テーマ)
(5) 高効率なマイクロ水力発電システムを開発しよう!

 以上は本年度よりスタートしたプロジェクトの内容ですが、これらのプロジェクトに参加いただき、先輩達と一緒に設計や製作を担当していただきます。

学生へのメッセージ

夢考房活動は、野々市におけるプロジェクトだけではありません。
八束穂キャンパスにおいては、4年生、修士1年〜2年生の3年間、プロジェクトデザインIIIや修士研究として、ハイテク夢考房プロジェクト活動が出来ます。研究室や学科の壁を越えて、多くの教員や学生との交流が可能です。

参考資料(PDFファイル)
ページの先頭へ