中沢 実

情報工学系副主任

教授・博士(工学)

中沢 実

NAKAZAWA, MINORU
最終更新日 2016/05/23

石川県小松明峰高校出身

■略歴
金沢工業大学情報工学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程(情報工学)修了。(株)富士通研究所通信網システム研究部研究員を経て、1996年本学助手就任。講師、助教授を経て、2011年現職。

■専門分野
専門:情報通信工学、自律分散システム
論文・著書:論文「仮想サービス生成空間を有するエージェント指向ネットワークの研究」
受賞:(財)電気通信普及財団テレコムコロンブス賞、電子情報通信学会優秀学生賞
その他専門情報: ロボット工学、画像認識、教育工学

■横顔
学内外の様々な人との連携を模索しながら活動をしています。情報通信分野から教育工学・ロボット工学・画像認識と気の赴くままに教育研究活動を展開させており、主たる分野をよく問われますが「面白い」と思った事には躊躇せずに活動をしています。

■趣味
本を読むこと。音楽を聴くこと。学生と話をすること。

■近況
以前から「忙しい」という言葉を使わない理由として「心を亡くすと書くから」からを理由していたが、学生から「忘れるも、心を亡くすと書きますよ」と指摘されてしまいました。(^_^;)