北庄司 信之


教授・博士(工学)

北庄司 信之

KITASHOJI, NOBUYUKI
最終更新日 2017/01/19

大阪府高津高校出身

■略歴
大阪大学工学部産業機械工学科卒。東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程および博士課程(社会開発工学)修了。1995年本学助手就任、講師、助教授を経て、2015年現職。

■専門分野
専門:工学教育、建築環境工学・空気環境
論文・著書:「散乱光波形解析による浮遊微粒子の組成識別に関する基礎的研究」(学位論文)、「基本的な実験手法の学習に注目した問題発見・解決型の工学基礎実験の構築」(工学教育,2011.1)ほか
その他専門情報: 教育士(工学・技術)

■横顔
学生時代より建築環境工学、化学工学、機械工学など様々な分野が関係してくる「エアロゾル」を研究してきた。教育については学生主体の基礎実技科目である「創造実験」の構築に13年間携わった。この経験を活かし、様々な観点で物事を柔軟に考えられる人材を育成できるような学生主体の授業を展開したいと考えている。

■趣味
読書、旅先の名物を食べること

■近況
最近は「教育環境」について考えるようになってきた。社会に貢献できること、稼げるようになることはもちろん重要であるが、自分や家族を大切にし、健康かつ自由に楽しく日々を暮せる人間を育てる環境および教育の方法とはどのようなものであろうか。