乾 敏郎


客員教授・文学博士

乾 敏郎

INUI, TOSHIO
最終更新日 2017/02/03

大阪府大手前高校出身

■略歴
大阪大学基礎工学部生物工学科卒。同大学大学院基礎工学研究科修士課程修了。大阪大学人間科学部助手、京都大学文学部助手、国際電気通信基礎技術研究所主任研究員、同所主幹研究員、京都大学大学院文学研究科教授、京都大学大学院情報学研究科教授を歴任。現在、追手門学院大学教授、京都大学名誉教授、京都大学特任教授、広島大学客員教授。1994年本学客員教授就任。

■専門分野
専門:認知神経科学・認知科学・認知心理学
論文・著書:著書に『視覚情報処理の基礎』(サイエンス社)、『Q&Aでわかる脳と視覚』(サイエンス社)、『Attention and Performance XVI: Information integration in perception and communication』(MIT Press)、『階層ベイズモデルとその周辺』(岩波書店)、『イメージ脳』(岩波書店)他多数 訳書:『ビジョン』(産業図書)、『PDPモデル』(産業図書)、『認知発達と生得性』(共立出版)、『脳の学習力』(岩波書店)他多数
受賞:日本人工知能学会より優秀論文賞、日本神経眼科学会より若手奨励賞、電子情報通信学会より米澤ファウンダーズ・メダル受賞記念特別賞、日本認知科学会より学会発表賞、日本心理学会より研究奨励賞、日本認知心理学会より優秀発表賞、日本認知科学会フェロー