中田 政之

高信頼ものづくり専攻主任

教授・工学博士

中田 政之

NAKADA, MASAYUKI
最終更新日 2016/04/15

富山県富山工業高校出身

■略歴
金沢工業大学機械工学科卒。同大学大学院工学研究科博士後期課程(機械工学)修了。日本学術振興会特別研究員として東京大学工学部船舶海洋工学科研究員を経て、1992年本学助手就任。講師、助教授を経て、2007年現職。2001年9月〜2002年8月ドイツ・カイザースラウテルン大学複合材料研究所招聘教授。

■専門分野
専門:材料力学、機械材料、複合材料工学
論文・著書:「Prediction of Flexural Fatigue Strength of CFRP Composites under Arbitrary Frequency, Stress Ratio and Temperature」ほか
受賞:日本複合材料学会林賞

■横顔
本学機械工学科18期生。中学校の技術の授業で機械イジリが好きになり、それが切っ掛けでエンジニアの道を目指し現在に至る。心掛けていることは、毎日の筋トレと週1回のウォーキング、バランスのとれた食事。

■趣味
仕事以外にこだわりを持ってやっていることは特にないが、強いて言えば、学会発表のために出掛けた先々で人と出会い、いろいろなものを見聞きすること。

■近況
CFRPは軽くて強く、成形しやすい。このCFRPにより、地球と人にやさしい機械構造物を実現できると信じている。この実現のためには、CFRP構造物を20年〜30年にわたって安心して使うための設計技術と理論の構築が必要である。残された人生の中で何をどこまでやれば良いかを思案中。