札野 寛子


教授・博士(学術)

札野 寛子

FUDANO, HIROKO
最終更新日 2018/12/10

福井県武生高校出身

■略歴
国際基督教大学(ICU)教養学部語学科卒。同大学大学院教育学研究科博士前期課程(教育方法学)修了。East Texas State University大学院修士課程(英語学)修了。U. of Oklahoma大学院に在籍。名古屋大学大学院国際言語文化研究科博士後期課程(日本語教育学)修了。ICUおよびオクラホマ大学日本語教育非常勤教育助手を経て、1990年本学講師就任。2006年現職。

■専門分野
専門:日本語教育、プログラム評価、プログラム論、アカデミックジャパニーズ研究、外国語教授法
論文・著書:「日本語教育プログラム評価に関する研究」(学位論文)、著書に『日本語教育のためのプログラム評価』、『科学技術基礎日本語:留学生・技術研修生のための使える日本語』『21世紀のカレッジ・ジャパニーズ―大学生のための日本語で読み解き、伝えるスキル』他

■横顔
本学夏季日本語教育プログラム(KIT-SPJ)を中心に、外国人留学生対象の日本語教育プログラム開発や教材作成およびそのプログラム評価、さらに社会ニーズを踏まえた日本語教育プログラムの在り方に関する研究に取り組んでいます。また日本人大学院生を対象に日本語および英語での研究論文作成の授業もしています。

■趣味
ウォーキング、音楽鑑賞

■近況
1994年から始めた本学での日本語教育活動は四半世紀を越え、本学で日本語を学んだ留学生は600名近くになりました。日本で働く元留学生も増えています。また本学卒業生にも、留学生との交流がきっかけとなり、グローバルに活躍している人が何人も出てきています。このような形で活動の成果が出るのは嬉しいことです。