鹿田 正昭

副学長(教育支援担当)
サブジェクトライブラリアン室長

教授・工学博士

鹿田 正昭

SHIKATA, MASAAKI
最終更新日 2016/04/15

石川県金沢錦丘高校出身

■略歴
金沢工業大学土木工学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程(土木工学)修了。1976年本学助手。講師、助教授を経て、2016年副学長。測量士。シニア教育士。

■専門分野
専門:空間情報工学
論文・著書:論文に、Research on Real-time Revision of Base Map using Remote Sensing and RTK-GPS、著書にエース測量学(朝倉書店)、空間情報工学概論(日本測量協会)ほか
受賞:日本測量協会論文奨励賞

■横顔
最近の歴史研究によって、四代さかのぼった鹿田文平正明が天文学に造詣の深い蘭学者であり、測量の研究もしていたとわかりびっくりしている(詳細は石川県歴史博物館・金沢大野からくり記念館にその資料が展示されている)。

■趣味
自己満足のピアノ演奏(最近はまったく弾いていない)、余暇は石川県で唯一の男声合唱団(金沢メンネルコール)の団員として人間の作るハーモニーを楽しんでいたが、多忙でとうとう休団となった。30周年記念演奏会(2006年)を機にひそかに復活した(つもり)だったが・・・再び幽霊団員に・・・そしてついに名簿からも消滅してしまった。当面は復帰できそうにない。

■近況
2007年7月に(一社)日本測量協会北陸支部長、2012年5月に(一社)日本写真測量学会常務理事および日本写真測量学会北信越支部長、2014年に国土地理院測量行政懇談会委員の重責を拝命した。また、2012年にK.I.T.空間情報プロジェクトが正式に発足し日本写真測量学会北信越支部とも連携できた。北陸地方の地理空間情報に関する産学官の連携を促進したい。