竺 覚暁

ライブラリーセンター館長

教授・工学博士

竺 覚暁

CHIKU, KAKUGYO
最終更新日 2016/04/15

富山県富山高校出身

■略歴
工学院大学建築学科卒。富山大学文理学部文学科卒。1971年本学助手就任。講師・助教授を経て、1981年現職。1985〜1987年マサチューセッツ工科大学(MIT)国際問題研究センター及び科学・技術・社会プログラム兼任客員研究員、1990〜1991年米国議会図書館国際研究員。1994〜1995年日本建築学会理事・同図書館長。2004年日本建築学会理事・北陸支部長。

■専門分野
専門:建築論、西洋建築史、近代建築史、科学技術文化史
論文・著書:著書「建築の誕生-ギリシャ・ローマ神殿建築の空間概念-」
受賞:金沢市文化活動賞(1998年)

■横顔
大学で建築学と哲学の両方を修め、ヨーロッパで学問上の見聞を広められた博識家。講義もバラエティに富み興味深い。芸術家タイプの気さくな先生。本が好きでビブリオフィル。印刷したものが捨てられないので、自宅では紙クズの山に埋もれて暮らしているという説がある。

■趣味
読書(ペーパーバックの斜め読み)、音楽鑑賞(モダン・ジャズとバロック音楽)、絵画

■近況
やはり私には、深夜、書物(アカデミックな本に限らない)に読み耽る生活が合っている様である。残り時間の少なくなって来たいま書物という都市に再び亡命したいものと思っている。