山口 照英


教授・理学博士

山口 照英

YAMAGUCHI, TERUHIDE
最終更新日 2016/07/01

大阪府四条畷高校出身

■略歴
神戸大学生物学科卒、同大学院生物研究科修士課程修了。東京都臨床医学統合研究所研究員、国立衛生試験所主任研究官、国立医薬品食品衛生研究所遺伝子細胞医薬部長、同生物薬品部長、(独)医薬品医療機器統合機構テクニカルエキスパート、日本薬科大学客員教授を経て、2016年本学教授。

■専門分野
専門:遺伝子治療薬、再生(細胞)治療薬の品質・安全性評価、バイオテクノロジー応用医薬品学、ウイルス安全性、レギュラトリーサイエンス
論文・著書:Cell-Surface MMP-9 Protein Is a Novel Functional Marker to Identify and Separate Proangiogenic Cells from Early Endothelial Progenitor Cells Derived from CD133(+) Cells.(Stem Cells 2016,34,p1251-)
その他専門情報: 厚生労働省、文部科学省、経済産業省等の委員(バイオ、再生、遺伝子治療、カルタヘナ法関係)

■横顔
30年近く行政科学(規制科学)の仕事をしてきました。現在のテーマも多くが規制科学的な要素が多くあります。

■趣味
読書(乱読、雑学です)

■近況
ここ5〜6年、純粋学問にかなり偏ってきました。