伏島 あゆみ


講師・博士(心理学)

伏島 あゆみ

FUSEJIMA, AYUMI
最終更新日 2017/03/21

長野県上田高等学校出身

■略歴
東京福祉大学社会福祉学部社会福祉学科卒。東京福祉大学大学院社会福祉学研究科修士課程(臨床心理学)修了。久留米大学大学院心理学研究科心理学専攻博士課程満期退学。臨床心理士。医療法人洗心会いいじま心療クリニック心理カウンセラー、群馬県スクールカウンセラーや、近畿大学九州短期大学、江戸川大学、育英短期大学の非常勤講師を経て、2016年に現職。

■専門分野
専門:臨床心理学、健康心理学
論文・著書:大学生の主観的ウェルビーイング向上における対人関係と健康行動の役割(学位論文)、主観的ウェルビーイングの構成概念に関する理論的検討(ストレスマネジメント研究)など
受賞:2010年日本健康心理学会Young Health Psychologist賞受賞、同年4th Asian Congress of Health Psychology Motoaki Poster Award Outstanding受賞

■横顔
健康な人と話すのも、そうでない人と話すのも好きです。特にみなさんと色々と話すことで学生時代を思い出し、初心にかえることができます。皆さんが自分のこころやあの人のこころをあれこれ考えるお手伝いができたら嬉しく思います。

■趣味
カレー屋めぐり、一人カラオケ、ライブ観戦、スノーボード、マンガ

■近況
2歳の息子に翻弄される毎日です。ヒトはこうして人間になっていくんだなあ、と毎日感心しながら観察?しています。最近、車の名前を覚えるという新たな仕事が増え、悪戦苦闘しています。