伊能 忠敏


客員教授・工学博士

伊能 忠敏

INOU, TADATOSHI
最終更新日 2016/04/15

東京都(旧)都立高校尋常科出身

■略歴
(旧)都立高、東京大学工学部土木工学科卒。日本国有鉄道本社施設局、国鉄首都圏本部次長、金沢鉄道管理局長、日本国有鉄道常務理事、首都圏本部長を経て、1985年本学教授就任。2006年客員教授。

■専門分野
専門:鉄道線路、路盤の施工法。「鉄道路盤の噴泥現象の解明とその防止対策」
論文・著書:論文に“Optimizing Maintenance of Track and Other Fixed Installations and Replacement Programmes”、「鉄道路盤の噴泥の実態と対策」ほか、著書に新体系土木工学「鉄道U」ほか
受賞:技術士(建設部門)。1986年4月科学技術功労者表彰、1998年12月運輸大臣から交通文化賞。