白木 みどり


教授・修士(教育学)

白木 みどり

SHIRAKI, MIDORI
最終更新日 2016/04/15

石川県飯田高校出身

■略歴
二松学舎大学文学部国文学科卒。石川県公立学校教員、上越教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了、金沢大学非常勤講師、上越教育大学大学院准教授を経て、2014年本学教授就任。

■専門分野
専門:キャリア教育・道徳教育学
論文・著書:『道徳「読み物資料」構造の分析』(学位論文)「キャリア教育にかかわる価値観形成についての一考察」『人間としての在り方生き方をどう教えるか〜小中高12年間を通した道徳教育・キャリア教育』教育出版、『中学校学習指導要領解説-道徳編-』文部科学省(分担執筆)
受賞:2004年日本進路指導協会功労賞、2008年第一回辰野千壽賞、2012年日本進路指導協会功労賞
その他専門情報: キャリアカウンセラー(日本キャリア教育学会認定)、ガイダンスカウンセラー(スクールカウンセリング推進協議会認定)、日本キャリア教育学会常任理事、日本道徳教育方法学会理事

■横顔
好奇心旺盛。「人はそれ自身における目的として存在する」(カント)、何歳になっても日々の新たな発見があります。ささやかな発見が喜びや目的に繋がることも多く、試練も苦悩もひっくるめ丸ごと人生を楽しんでいます。

■趣味
トレッキング、スキー、歌唱、音楽鑑賞、美術鑑賞

■近況
未来社会を生きるために必要な基盤となる資質・能力について考察し、学校教育の可能性を追求しています。学生との交流を通して、生きがいを感じながら社会に自立できる学生のキャリア発達を支援しています。社会形成者育成の根幹を担う使命と喜びを伝えていきたいと思っています。