小山 正人


教授・博士(工学)

小山 正人

KOYAMA, MASATO
最終更新日 2016/04/15

兵庫県加古川東高校出身

■略歴
東京大学工学部卒。同大学大学院工学系研究科修士課程(電気工学)修了。三菱電機(株)応用機器研究所入社。産業システム研究所、産業・電力システム製作所、先端技術総合研究所パワーエレクトロニクス開発センター長、欧州研究所(フランス)環境・エネルギー技術部門長、先端技術総合研究所パワーエレクトロニクス技術部門主管技師長を経て、2014年本学教授就任。

■専門分野
専門:パワーエレクトロニクス、制御技術(特に、モータ制御)
論文・著書:圧延機駆動用交流電動機の高速応答制御とロバスト化に関する研究(学位論文)、ACサーボの理論と設計の実際(総合電子出版社、1990年)(共著)、パワーエレクトロニクス入門(改訂5版)(オーム社、2014年)(共著)
受賞:(社)日本機械工業連合会優秀省エネルギー表彰 経済産業大臣賞(2001年)、(社)日本電機工業会電機工業技術功労者表彰 進歩賞(1995年)

■横顔
英単語と同じで、大学で学んだ知識も使わなければ、すぐに忘れてしまいます。どんな風に講義をすれば、社会に出てから役立つ知識が学生の皆さんの頭の中に残りやすいか、あれこれ考えています。一番いい方法は学んだことを友達に教えてあげることだと思います。

■趣味
読書、写真、語学学習(フランス語)、生き物を飼うこと(ミドリガメ、オオクワガタなど)

■近況
金沢での単身赴任生活は2年目になりますが、雨や雪が降り雷も鳴る金沢の冬にもだいぶん慣れました。1年目はカメラを持って市内を回ることが多かったので、今年は市外にも足を延ばしたいと思っています。