太田 和彦


教授・Ph.D.

太田 和彦

OTA, KAZUHIKO
最終更新日 2016/04/15

兵庫県神戸高校出身

■略歴
京都大学理学部卒。防衛大学校数学物理学教室助手。防衛庁技術研究本部第5研究所研究職技官、同主任研究官、同第5研究所音響第2研究室長、技術研究本部副技術開発官(船舶担当)、艦艇装備研究所航走技術研究部長、同研究所研究企画官。その間、マサチューセッツ工科大学海洋工学部博士課程修了。2014年本学教授就任。

■専門分野
専門:水中音響、信号処理、海洋音響トモグラフィー
論文・著書:“Modal Evolution and Inversion for Seabed Geoacoustic Properties in Weakly Range-Dependent Shallow-Water Waveguides”(学位論文)“Estimation of Shear Wave Speed in Ocean-Bottom Sediment Using Electromagnetic Induction Source”声を利用した海洋生物の音響観測部会の概要(共著)
受賞:防衛技術論文賞

■横顔
音響と言うと究め尽くされた学問分野のようにも聞こえますが、電波や光波が伝わりにくい海の中という特殊な環境下で用いると、音響ならではの特殊な場が形成されます。これに魅せられ海洋音響に係る研究に長年携わってきましたが、海中では音響は通信や探知に不可欠で、水中ロボットや海洋資源探査など多岐の分野で利活用できるポテンシャルを有しており、水中音響の新たな分野での活用を探求していきたいと考えております。

■趣味
テニス、歴史

■近況
これまでの研究生活で習得した知識や技術を教育に反映させていけたらと考えています。