西川 幸延


教授

西川 幸延

NISHIKAWA, YUKINOBU
最終更新日 2016/04/15

石川県小松高校出身

■略歴
大阪大学基礎工学部制御工学科卒。北陸日本電気ソフトウェア(株)入社。メインフレーム・オープンサーバの試験診断プログラムやサービスプロセッサ組込みソフト、プリンタ組込みソフトなどの各種組込みソフト・制御ソフトの開発に従事。2014年本学教授就任。

■専門分野
専門:組込みソフトウェア、ソフトウェア品質管理、ソフトウェア開発マネジメント
論文・著書:組込みソフトウェア開発のためのETSS標準ガイドブック(日経BP社)、ロボットレースによる組込み技術者養成講座(毎日コミュニケーションズ)
その他専門情報: 経産省情報処理技術者試験の特種、エンベデッドシステムスペシャリスト、PMI認定資格PMP(Project Management Professional)、経営品質協議会認定セルフアセッサー。

■横顔
学生時代までは、たいへん内向的な性格でした。それが、企業の現場の荒波に揉まれた結果、人前で話すのが苦にならなくなり、さらに、新たなことにも、とりあえず飛び込んでみるという大胆さも身につきました。『環境が人を創る』と実感しています。大学教育の場でも、良い環境作りを目指していきます。

■趣味
読書、ジム通い、ETロボコン

■近況
「ETロボコン」という組込みエンジニア育成を目的としたイベントの運営に携わっています。世界的にもユニークなソフトウェア重視の教育ロボコンで、毎年秋に本学で北陸地区大会を開催しています。多くの皆さんの参加をお待ちしています。