市村 直也


教授

市村 直也

ICHIMURA, NAOYA
最終更新日 2016/04/15

東京都早稲田大学高等学院出身

■略歴
早稲田大学法学部卒。(社)日本音楽著作権協会勤務を経て、2000年弁護士登録。2004年本学客員教授就任。日本弁護士連合会知的財産センター委員。日本知的財産仲裁センター副センター長。

■専門分野
専門:知的財産権法、国際民事訴訟法
論文・著書:「コンテンツ・ビジネスと著作権法の実務」(共著、三協法規出版)、「出版における保護期間経過後の著作物等の利用」(「出版をめぐる法的課題‐その理論と実務‐」日本評論社)、実演家概論-権利の発展と未来への道」(共著、勁草書房)「3DCGと著作権」(NBL964)、「仮想と現実のクロスボーダー知的財産権侵害の研究」(機械産業記念事業財団)、「判例でみる音楽著作権訴訟の論点60講」(共著、日本評論社)、「JASRAC概論」(共著、日本評論社)、「損害額の算定」(「著作権法判例百選第4版」有斐閣)、「共有著作権の持分譲渡に対する同意請求」(「判例著作権法」東京布井出版)、「著作者人格権侵害の原状回復的請求」(「著作権・著作隣接権論文集」著作権情報センター)等