磯崎 俊明


教授・修士

磯崎 俊明

ISOZAKI, TOSHIAKI
最終更新日 2016/04/15

大阪府市岡高校出身

■略歴
大阪大学基礎工学部機械工学科卒。同大学院修士課程(機械工学)修了。川崎重工業(株)入社。技術研究所 機械・流体研究部長を経て、2008年本学教授就任。

■専門分野
専門:流体工学、ターボ機械(ガスタービン、蒸気タービン等)や流れに関連する各種機械の空力・流力設計技術。
論文・著書:ガスタービン、蒸気タービン翼列の遷音速・超音速域における空力性能に関する研究、空気浮上式ベルトコンベヤの浮上特性に関する研究など

■横顔
企業の中で35年の間、その時代にマッチした新製品、新技術の研究開発に従事し、社会との関わりを的確に把握し、社会のニーズを先取りした技術、製品が生き残る事を経験した。この経験を皆さんにお話し、「ものづくり」のおもしろさを伝えていきたい。

■趣味
ハイキング、サイクリング等、自然と触合いながら身体を動かすこと。

■近況
金沢は学生時代にスキーの帰りに何度か立寄った程度ですが、休日にゆっくりと散策すると、古い商家や記念館が点在し、思わぬ発見をしています。また、都会の部分と自然とが同居しており、大学生活も含め、新しい体験を通じて心身ともにリフレッシュしています。