東 俊之


准教授・博士(マネジメント)

東 俊之

AZUMA, TOSHIYUKI
最終更新日 2017/04/05

京都府平安高校(現龍谷大学付属平安高校)出身

■略歴
京都産業大学経営学部経営学科卒。同大学大学院マネジメント研究科修士課程修了。同大学院マネジメント研究科博士後期課程修了(2012年学位取得)。2007年本学講師就任。2017年現職。

■専門分野
専門:経営学、経営組織論、組織変革論、最近は組織間関係論、特に地域協働論(コラボレーション論)が主研究テーマ
論文・著書:(分担執筆)『リーダシップとリーダー・フォロワーの関係』佐々木利廣編 『チャレンジ精神の源流』(ミネルヴァ書房、2007年);(共著)『組織間コラボレーション』(ナカニシヤ出版、2009年); (共著)『動物園マネジメント』(学文社、2013年)

■横顔
これまでずっと経営学、その中でも「経営組織論」を研究してきました。あまり馴染みがないかも知れませんが、学生生活で、さらには卒業後にも大いに役に立つ知識や知恵を与えられる分野だと考えています。企業活動について調べてみたい、という方もぜひ研究室にいらしてください。

■趣味
ラーメン食べ歩き、ひとり旅(最近はもっぱら鉄道旅)、最近は落語に再びハマっている。そして、趣味と実益を兼ねて伝統産業をめぐっている。一言でいえば、“旅人”なんだと思っています。

■近況
昨年度は正課授業「組織経営」に社会人共学者の参加をいただきました。学生の皆さんだけでなく、私も多くのことを学びました。そして、オナーズプログラム(経営プログラム)では、「企業小説」を題材にし経営学を学ぶ会を開始しました。経営学に興味がある方は連絡をください。みんなで議論し、勉強しましょう。