鈴木 康允


教授

鈴木 康允

SUZUKI, YASUMITSU
最終更新日 2016/04/15

神奈川県横浜平沼高校出身

■略歴
学習院大学理学部化学科卒。同大学大学院自然科学研究科化学(地球化学)専攻修士課程修了。トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)(株)入社。製品環境委員会、フロン対策委員会、リサイクル委員会を事務局として運営、自動車の排ガス、騒音、フロン、廃車リサイクル問題の対応及び環境マネジメントシステム構築等の業務に従事。2007年本学教授就任。

■専門分野
専門:環境マネジメント
論文・著書:「地球温暖化問題と自動車産業における取組み」他
受賞:米国SAEより「セラミック燃焼室を用いたディーゼルエンジンの開発」に対して「Arch T.Colwell Merit Award」を受賞

■横顔
環境に係る科学的データを分析し、本質的な原因の追求と、その結果をビジネスチャンスに結びつけていくための調査・分析・研究等を行ってまいりました。50億円程かけた自動車排ガスの生体影響研究もその一例です。

■趣味
バイオリン、スキューバダイビング等を少々

■近況
企業から大学に移り、学生と一緒に考え、楽しみ、努力することの素晴らしさを実感しつつあります。