夏目 賢一


准教授・博士(学術)

夏目 賢一

NATSUME, KENICHI
最終更新日 2017/09/12

兵庫県川西緑台高校出身

■略歴
金沢大学理学部物理学科卒。同大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了(物理学)。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了(科学史)。同博士課程単位取得満期退学(2012年学位取得)。東京大学共生のための国際哲学交流センター研究員、昭和大学・鶴見大学非常勤講師を経て、2006年本学講師就任。2013年現職。

■専門分野
専門:科学技術史、科学技術社会論
論文・著書:【分担執筆】金森修編『明治・大正期の科学思想史』勁草書房、2017年。【共著】金沢工業大学・科学技術応用倫理研究所編『本質から考え行動する科学技術者倫理』白桃書房、2017年。【分担執筆】化学史学会編『化学史事典』化学同人、2017年。他
受賞:2013年度 科学技術社会論学会 柿内賢信記念賞・奨励賞。第7回 日本科学史学会 学術奨励賞。
その他専門情報: 教育士(工学・技術)

■横顔
原点は電磁気学の歴史研究で、講義では電気の社会史を担当しています。その他、科学技術者倫理の講義も担当し、最近では工学教育や産学協同に関する歴史研究も進めています。

■趣味
読書、自転車、水泳など。また、能楽の稽古に励みながら、日本文化への理解を深めています。美術部の顧問もしていて、博物館や美術館にもなるべく足を運ぶようにしています。

■近況
金沢の料理やお酒のおいしさを再確認しています。