谷口 進一

数理基礎教育課程副主任

教授・博士(学術)

谷口 進一

TANIGUCHI, SHINICHI
最終更新日 2016/04/15

石川県大聖寺高校出身

■略歴
金沢大学工学部工業化学科卒。同大学大学院工学研究科修士課程(工業化学)修了。村田製作所(株)化学開発部を経て、金沢大学大学院自然科学研究科博士課程(物質科学・応用物理)修了。金沢大学教養教育機構、及び工学部非常勤講師(物理学、物理数学、力学等担当)、予備校講師(数学)。2006年本学講師就任、准教授を経て2014年現職。

■専門分野
専門:光物性物理学、有機光化学、工学基礎教育
論文・著書:論文に、「Non-Radiative Energy Transfer from Ag+ to Mn2+ Ions in Alkali Halides」, 「Energy Transfer from Ce3+ to Dy3+ ions in Ca3(PO4)2 ceramics」ほか。

■横顔
工学の基礎としての数学、物理、化学の全ての基礎的分野に興味を持っています。講議をいかに理解しやすくするか、また、どうすれば学生の皆さんの知的好奇心を喚起できるかを研究してゆくことを心がけ、できるだけ学生の皆さんの心の機微を理解することをモットーにしています。

■趣味
映画鑑賞、音楽、読書

■近況
工学の各専門分野の中で、基礎科目がいかに利用されているかを早期に提示する良い方法がないかを検討しています。特に学生の皆さんが、将来の自分の“研究風景”を具体的にイメージできる様な教育方法を模索しています。