清水 節


准教授・博士(歴史学)

清水 節

SHIMIZU, TAKASHI
最終更新日 2017/04/05

三重県宇治山田高校出身

■略歴
國學院大學文学部史学科卒。同大学大学院文学研究科博士課程前期修了。同後期修了(2013年学位取得)。金沢工業大学日本学研究所共同研究員を経て、2005年本学講師就任。2017年現職。

■専門分野
専門:日本近現代史、GHQ/SCAPの占領政策
論文・著書:「占領下の宗教制度改革―宗教法人令の起草過程を中心に―」、「占領期『国民の祝日に関する法律』の制定過程」ほか

■横顔
学生時代は文系の大学にいた為、理系の人達との交流がほとんどありませんでした。本学の先生方や学生との交流を通して理系的な「モノの見方」に触れ、大いに刺激をうけたいと思っています。

■趣味
写真、謡(宝生流)

■近況
昨年、手取川や庄川で鮎の友釣りを経験しました。白山山系がこの地域にもたらす恵みの一端を実感しました。