山本 知仁


教授・博士(工学)

山本 知仁

YAMAMOTO, TOMOHITO
最終更新日 2016/12/13

三重県伊勢高校出身

■略歴
東京工業大学工学部電気・電子工学科卒。東京工業大学大学院総合理工学研究科博士後期課程(知能システム科学専攻)修了。2004年本学講師就任。2011年准教授を経て、2016年教授。

■専門分野
専門:ヒューマンインタフェース、ヒューマンコミュニケーション
論文・著書:「対話コミュニケーションにおける2種類の発話タイミング構造」計測自動制御学会論文集、「3D Audio-Visual Display Using Mobile Devices」SIGGRAPH 2010、「感動と商品開発の心理学 9章」 朝倉書店など
その他専門情報: 日本工学教育協会教育士(工学・技術)

■横顔
これまで人のコミュニケーションのメカニズムや、それを支援する技術に興味をもち研究を行ってきました。情報工学に携わりながらも、やはりFace-to-Faceのコミュニケーションが一番だと考えています。教育・研究の場においても学生さんと面と向かい合い、新しい知見や技術を創り出すことを目指しています。

■趣味
ゴルフ、釣り(海釣り、渓流釣り)、スノーボード・スキー、サッカー(フットサル)、ドライブ。体を動かすことが大好きで、暇を見つけては学生とスポーツをしています。

■近況
若いつもりでいるのですが、体は正直で年々思うように動かなくなりつつあります。体力維持のために、週1回のフットサルを継続的に行うことが目標です。