大輪 武司


客員教授

大輪 武司

OWA, TAKESHI
最終更新日 2017/02/06

東京都小山台高校出身

■略歴
1963年3月東京大学工学部精密工学科卒。1963年4月東京芝浦電気(株)(現東芝)中央研究所、1973年6月カリフォルニア大学バークレー校マスター・オブ・サイエンス、1984年1月機械研究所所長。1992年10月機械・エネルギー研究所所長。2000年10月東芝リサーチコンサルティング(株)チーフフェロー。2003年3月退社。2003年4月〜2006年3月(社)日本機械学会工学教育センター長。2004年〜2009年学校法人芝浦工業大学理事。2005年〜2010年(独)国立高等専門学校機構理事。2000年本学客員教授就任。

■専門分野
専門:高等教育論、技術者教育論
論文・著書:「機械技術者のためのロボットの設計と製作」(オーム社)、「精密機構」(オーム社)、「技術とは何か」(オーム社)
受賞:日本機械学会教育賞
その他専門情報: 日本機械学会名誉員、精密工学会名誉会員、日本工学教育協会名誉会員