教育

KITの特色ある教育

英語教育

実践的に英語を学ぶ

教育目標

4技能(読む、書く、聞く、話す)が相互に作用し、包括的に英語の能力が向上する教材を活用することにより、日常場面、職場、研究の場において必要な、基礎的な英語のコミュニケーション能力を持つ人間を育成する。また、ビジネスや産業に関連した時事の文章を活用し、国際社会の一員としての視野と意識を持ち、辞書の活用方法、文章の分析方法、多読方法を体得し、英語を自律して学ぶことができる人間を育成する。

キーワード
  • ・アカデミック英語
  • ・ビジネス英語
  • ・英語コミュニケーション能力
  • ・自律学習
  • ・国際社会

修得する知識・能力

(1)イングリッシュトピックス
基礎的な文法(接続詞、動詞の時制、名詞節、数字、構文、疑問文、受動態、修辞語など)を復習し、スペルと発音も学習する。英語の授業で必要な言い回しを学び、コミュニケーション能力を向上させる。それぞれのレベルにあった語彙を使った文章を読み、技量の向上を図る。辞書の活用方法、文章の分析方法、多読方法を学び、自律した学習者になるための能力を修得することができる。
(2)ビジネスコミュニケーション
仕事や職場で使う会話や書類の書き方を学ぶ。書類には、ビジネスレター、短いレポート、計画書、明細書などが含まれる。ビジネスや産業に関連した時事問題の文章を読み、国際社会における概念、時事に対する理解を深めることができる。
(3)アカデミックリーディング
比較的易しい、専門的な文章や、アカデミック(学問的)な文章を読み、リーディングの能力を向上させる。長文を読解する様々な技能を学ぶ。長文の構造、目的、主旨、細部の情報を見つける練習をする。アカデミックな語彙を増やすと共に、分からない単語の意味を推測する技術も学ぶ。短いアカデミックな文章を、読み、その内容について話し、書き、質問し、結論付けや、個人の意見を論理的に表現することができる。
(4)ライティング−プレゼンテーション
自分の考えを論理的かつ明確に表現する能力を高める練習をする。決められた書式に従い、段階を経て英語論文を作成する。その論文に基づいて、英語でプレゼンテーション用スライドを作成し発表する。学期の最後にリハーサルと発表会を行い、お互いの発表に対する質疑応答の練習もする。
以上のように、論文を作成し、それを発表することで、英語の能力だけではなく、表現力、論理的思考能力をも身につけることができる。
(5)イングリッシュセミナー
上級レベルの授業である、アカデミックリーディングやライティング−プレゼンテーションの授業などで得た能力を使い、新聞、雑誌、論文、専門の記事などの原文を含む、より難易度の高い長文を読むことができる。
(6)実用英語演習
(レベルA/B): 初めてTOEIC®を受験する学生や、本学でレベルAまたはBで英語学習をスタートした学生を主対象とする基礎コース。まずはTOEIC 350点を突破することを目的とする。
基本的な文法も復習するので、テストのテクニックだけではなく、根本的な英語の勉強法を身につけることができる。
(レベルC): 本学でレベルCから英語学習をスタートした学生や、就職・進学に向けてスコアアップをめざす学生を主対象とする応用コース。各パートの得点をどのように上げるか、という攻略法を学び、演習・課題を実践していく。以上のように、TOEICの得点をさらに上げたい人のための授業で、聞き取り、文法、読解のコツを体系的に修得することができる。

英語教育課程表

科目区分 授業科目名 単位 週授業時間数 備考
必修 選択 1年次 2年次 3年次 4年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
1学期 2学期 3学期 4学期 5学期 6学期 7学期 8学期
英語科目 英語 イングリッシュトピックスT   2 2.0               この科目中4科目を選択し必修とする。
イングリッシュトピックスU   2   2.0            
イングリッシュトピックスV   2 (2.0)   (2.0)          
イングリッシュトピックスW   2   (2.0)   (2.0)        
イングリッシュトピックスX   2 (2.0)   (2.0)          
ビジネスコミュニケーションT   2   (2.0)   (2.0)        
ビジネスコミュニケーションU   2     2.0          
アカデミックリーディングT   2   (2.0)   (2.0)        
アカデミックリーディングU   2     2.0          
ライティング−プレゼンテーションT   2   (2.0)   (2.0)        
ライティング−プレゼンテーションU   2     2.0          
イングリッシュセミナーT   2   (2.0)   (2.0)        
イングリッシュセミナーU   2     2.0          
実用英語演習T   2 2.0              
実用英語演習U   2 2.0              
インテンシブイングリッシュ   2     2.0          
その他 日本語教育科目                     その他の科目の取扱いは、修学規程第9条の2に定める。

備考:( )印は、当該学期にそれぞれ開講することを示す。

関連メニュー

英語に関するKITの学習支援

所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.