スマートフォン版はこちら

ニュース

記事詳細

学生プロジェクトが野々市市在住外国人むけに「すくすく健康カレンダー」
「野々市市内医療機関一覧マップ」の英語版パンフ・アプリを作成

プロジェクトメンバーと野々市市粟貴章市長金沢工業大学の学生プロジェクト「Design for the Community」(学生8名)が野々市市在住の外国人向けに「すくすく健康カレンダー」と「市内医療機関・医療機関一覧マップ」の英語版冊子を制作しました。

またスマートフォン用にも金沢高専生が「ホスピタルインターフェイス」という外国人向け英語版アプリケーションを制作しました。

当英語版パンフレットと外国人向けアプリケーションの贈呈式が2月9日(火)午後4時30分から野々市市役所で行われました。

金沢工業大学ではユーザーを想定して何が問題で何を解決するべきかを考える「デザインシンキング」の手法を教育に取り入れています。

「Design for the Community」では、野々市市在住の外国人に英語でインタビューを行い、市が市民向けに提供しているサービスの情報提供方法に対するニーズ調査を実施し、どのようにすれば在住外国人が行政サービスを受けやすくなり、より住みやすい街となるのか、検討を行っています。

昨年は「家庭ごみ分別表」「のっティ時刻表」「スポーツガイド」の英語版を作成し、平成27年2月27日に野々市市役所に贈呈しました。

今回は妊娠期のプレパパママクラスや、産婦健康診査・乳児健康診査、あかちゃん訪問、4か月児健康診査、7か月児相談、10か月児相談、乳児健康診査、1歳6か月児健康診査、3歳4か月児健康診査、予防接種などの情報をまとめた「すくすく健康カレンダー」と、「市内医療機関・医療機関一覧マップ」の英語版冊子を作成しました。

英語版の「ホスピタルインターフェイス」も、金沢高専生が英語で行ったインタビューをもとに制作したものです。

贈呈したパンフレットは野々市市の保健センターで配布されるとともに、野々市市のホームページでもPDFがダウンロードできる予定です。

「ホスピタルインターフェイス」は、「市内医療機関・医療機関一覧マップ」英語版パンフレットのQRコードをスマートフォンで読み取ることで利用できます。

「Design for the Community」参加学生(金沢工業大学)

柳町卓実 電気電子工学科4年
島ア 樹 航空システム工学科3年
大家颯馬 電気電子工学科3年
池端悠一郎 電気電子工学科3年
北口知樹 情報工学科3年
西部光平 ロボティクス学科2年
堀純菜 ロボティクス学科2年
中村理紗子 心理情報学科2年

アプリ「ホスピタルインターフェイス」制作(金沢工業高等専門学校)

菊田星 グローバル情報工学科5年
能美 龍星 グローバル情報工学科5年

野々市市「市内医療機関・医療機関一覧マップ」英語版


2016年2月10日UP

交通アクセス
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.