スマートフォン版はこちら

ニュース

記事詳細

速報「Low Carbon Life-design Award 2009」で学生と教員のチームがグランプリ


DESIGN ASSOCIATION NPOと環境省が主催するコンペティション「Low Carbon Life-design Award 2009」で、金沢工業大学大学院建築学専攻の小田 真也さんと宮下智裕准教授によるチームがグランプリを受賞しました。


「Low Carbon Life-design Award 」は、「2020年までにCO2等の排出量25%削減」という宿題を受けとめ、世の中にデザインの力で低炭素型ライフスタイルを大胆に提案していくコンペティションです。


本年度は「ウォームシェア・スペース」をテーマに、冬の間、過度な暖房に頼らず、自然に人が集まり温かさをシェアできる「新しい人間空間」が募集され、407件の応募の中から、小田 真也さんと宮下智裕准教授による作品「ATATA−KAYA」がグランプリに選ばれました。


 2010年2月1日(月)、東京ミッドタウンで開催された表彰式では、小沢鋭仁環境大臣(写真 右)から表彰状が授与され、グランプリ作品の「ATATA−KAYA」は、 実際に来場した方にウォームシェアスペースを直に体験してもらえるよう、立体展示されました。


「Low Carbon Life-design Award 2009」
主催  DESIGN ASSOCIATION NPO、環境省
審査委員長 隈研吾
審査委員  浅葉克己、伊東豊雄、川上元美、川ア健二、藤野純一


グランプリ(環境大臣賞) 受賞者 
小田 真也 (大学院 工学研究科博士前期課程 建築学専攻2年 写真 左)
宮下 智裕 (准教授 環境・建築学部 写真 中)


ATATA-KAYA

「ATATA−KAYA」の概要
やまを守るために間伐した竹を砕いてつくられた竹チップは、水を含ませ醗酵すると、その発熱量は約50度にまで上昇し、その効果は3年間持続するという特性があります。


熱伝導率の高いアルミで組んだユニットの中にこの竹チップを入れ、輻射熱によりその周囲を暖めるとともに、日本の伝統的な蚊帳の仕組みを用いたアルミ蒸着ネットを張ることで、内部を保温します。


さらに、使用された竹チップは3年後、肥料として大地に戻されます。


 「ATATA−KAYA」は、竹チップという自然が生み出すエネルギーとそれを活かすアルミの材料特性、さらに蚊帳という日本人の持つ生活の知恵が重なり合いつくられるウオームシェアスペースです。


「ATATA−KAYA」の詳細について(PDF)
ATATA-KAYA


【「Low Carbon Life-design Award 」表彰式 & シンポジウムについて】
http://www.design-channel.jp/special/co2-25/index.html

【環境省 報道発表資料】
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=12020


【Low Carbon Life-design Award 2009について】
http://www.team-6.jp/design-award2009/

 

 

 


 

2010年2月2日UP

交通アクセス
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.