(目的)
第1条 この規程は、金沢工業大学大学院博士前期課程又は修士課程(以下この規程において「修士課程」という。)及び博士後期課程(以下この規定において「博士課程」という。)における学生(ただし、イノベーションマネジメント研究科の学生を除く)の修学の奨励を目的とする金沢工業大学修学奨励金(以下「修学奨励金」という。)の給付について、必要な事項を定める。

(種類及び対象者)
第2条 修学奨励金の種類及び給付の対象者は、次のとおりとする。
 (1)第1種 金沢工業大学の学部の卒業に引き続き修士課程への入学を強く希望する者であって、入学後の経済的な支援を必要とする者
 (2)第2種 修士課程に在籍する1年次生であって、経済的な支援を必要とする者
 (3)第3種 修士課程及び博士課程に在籍する学生であって、各専攻が認める学協会等において研究成果(個人の研究成果か又は共同の研究成果かを問わない。以下同じ。)
 (4)第4種 修士課程及び博士課程に在籍する学生であって、各専攻が認める学協会等において研究発表を行うために要する旅費を必要とする者
 (5)第5種 修士課程及び博士課程に在籍する学生であって、不測の事情により経済的な支援を急ぎ必要とする者

(給付額及び給付枠)
第3条 修学奨励金の給付額及び給付枠は、次のとおりとする。
 (1)第1種 給付額は1名当たり年間25万円とし、給付枠は年間100名以内とする。
 (2)第2種 給付額は1名当たり年間25万円とし、給付枠は年間20名以内とする。
 (3)第3種 給付額は別に定める基準に基づき研究成果1件につき10万円又は3万円とし、給付枠は年間150件以内とする。
 (4)第4種 給付額は研究発表1件につき3万円を上限とし、その額の決定は別に定める取扱いによるものとする。
 (5)第5種 給付額は1名当たり年間25万円を上限とし、給付枠は年間10名以内とする。

(受給資格)
第3条の2 修学奨励金の給付を受けることができる者は、学業成績が優秀又は学業に対する取り組みが真摯で、かつ、高潔な人格を備えた者に限るものとする。

(申請時期)
第4条 修学奨励金の給付を受けようとする者は、修学奨励金の種類に応じた大学院修学奨励金申請書に必要事項を記入し、所定の書類を添えて、次の各号に定める日までに学系主任若しくは専攻主任を通じ学長に申請しなければならない。
 (1)第1種 学部を卒業する学年の1月末
 (2)第2種 修士課程1年次生の学年の1月末
 (3)第3種及び第4種 研究成果が評価された日又は研究発表を行うことが確定した日(第3項において「評価又は確定の日」という。)の後3ヵ月以内
 (4)第5種 随時
2 前項第1号の場合において、修業年限が2年の課程にあっては、同号に定める申請をもって継続した2年にわたる給付の申請とみなすことができる。
3 第1項第3号の定めにかかわらず、修士課程及び博士課程の修了予定者であって、評価又は確定の日が2月以降となるときは、評価又は確定の日の前に申請することができる。

(給付の期間及び回数)
第4条の2 第1種の給付の期間は、2年を限度とする。ただし、修業年限が1年の課程にあっては1年とする。
2 第3種の給付の回数は、制限しない。
3 第4種及び第5種の給付は、1学年につき1回に限るものとする。

(受給者の選考)
第5条 学長は、修学奨励金の受給者を選考するため、学長を委員長とする選考委員会を組織する。
2 選考委員会の委員は、金沢工業大学部長会の構成員をもって充てる。
3 選考委員会は、学長に提出された大学院修学奨励金申請書に基づき受給者を選考する。
4 委員長は、選考結果について速やかに理事長に報告しなければならない。

(受給者の決定)
第5条の2 受給者の決定は、委員長からの選考結果の報告に基づき理事長が行う。

(修学奨励金の給付)
第6条 修学奨励金は、第1種及び第2種については受給者決定後の直近の4月に給付し、その他の種類については受給者決定後30日以内に給付する。

(受給決定の取消及び給付額の返還等)
第6条の2 修学奨励金の受給が決定した後に、当該受給決定者の受給資格等が不適当と認められたときは、選考委員会は当該決定を取り消し、給付を停止若しくは給付額の一部又は全額の返還を求めることができる。当該受給決定者が入学辞退、休学又は退学した場合も同様とする。

(事務)
第7条 修学奨励金に関する事務は、大学事務局修学相談室が取り扱う。



   附 則
1 この規程は、平成6年6月1日から施行する。
2 この規程は、平成7年4月1日から改正施行する。
3 この規程は、平成8年4月1日から改正施行する。
4 この規程は、平成10年4月1日から改正施行する。ただし、第2条第2項第2号については、平成11年4月1日から実施する。
5 この規程は、平成11年4月1日から改正施行する。
6 この規程は、平成15年4月1日から全面的に改正し、施行する。ただし、平成14年度以前の入学生については従前のとおりとする。
7 この規程は、平成16年4月1日から改正施行する。
8 この規程は、平成19年4月1日から改正施行する。
9 この規程は、平成24年4月1日から改正施行する。
10 この規程は、平成28年4月1日から改正施行する。