第1条 この規程は、金沢工業大学の教育方針に基づき、正課及び正課外の活動において優秀な成果を修めた学生に対する褒賞に関して必要な事項を定める。

第2条 学長は、この規程の定めるところに従い、学生に褒賞(以下「学長褒賞」という。)を与えることができる。

第3条 この規程において学生とは、学部学生、専攻科学生及び大学院学生(博士後期課程に在籍する者を除く。)をいう。

第4条 学長褒賞の対象となる学生(以下「褒賞学生」という。)の選定基準は、別表のとおりとする。

第5条 褒賞学生は、別表に掲げる項目ごとの内容のいずれかに該当する者であって、教職員の推薦に基づき学長が決定する。

第6条 褒賞学生には、褒状及び副賞を授与する。

第7条 学長褒賞を与える方法、時期等については、学長がその都度定める。

第8条 褒賞学生のうち、特に優秀な成果を修めた者については、別に定める金沢工業大学 学長表彰規程に基づく学長表彰に推薦するものとする。

第9条 学長褒賞に係わる事務は、大学事務局修学相談室において取り扱う。



   附 則
1 この規程は、平成20年4月1日から施行し、金沢工業大学学部学長褒賞規程(昭和58年4月1日施行)及び金沢工業大学大学院学長褒賞規程(平成2年4月1日施行)は廃止する。
2 この規程は、平成28年4月1日から改正施行する。



別表
項目内容コード
1 学業1 学期間に2科目以上履修し、QPAポイントが3.30以上の者
2 「プロジェクトデザイン III 」において成績向上が顕著な者
3 優れた研究成果又は論文を発表した者
4 教育補助員として著しい功績があった者
5 学業に対する取組みが真摯で他の模範となる者
2 課外活動1 コンテスト等において優秀な成果をあげて本学の声価を高めた者
2 課外活動で全国大会に出場する等顕著な成績をおさめた者
3 学友会活動(個々の行事を含む)等で特に貢献のあった者
4 4年間を通じてクラブに在籍し、そのクラブに特に貢献のあった者
3 その他1 学生として模範的行為のあった者
2 本学の名声を高めた者
3 心身、環境等の悪条件を克服して成果をおさめた者

第4条へ▲