世界水準の教育を実践しグローバル人材を目指す


人や社会に役立つものを創造する。 「イノベーション力」を身につけたグローバル人材を目指す

世界で活躍するグローバル人材とは、未知なもの、多様な解があるものに果敢に挑戦し、
多様な人達と新しい価値を生み出していく「イノベーション力」のある、自律した人材でありたいと考えます。
そして「イノベーション」は、幸運やたった一人の天才の結果によるのではなく、持続的な改善や改良を組織的に行い、
高い顧客価値の創造を継続的に追い求めた結果であると考えています。
金沢工業大学(KIT)では、プロジェクトデザイン教育を主柱とした正課教育と正課外教育を通じて、
「イノベーション力」を持つ「自ら考え行動する技術者」を目指します。

「イノべーション力」教育システム

世界水準の教育で「イノベーション力」を高める。

技術者教育の世界標準「CDIO」を国内の大学で初めて導入

金沢工業大学(KIT)はMITやスタンフォード大学など、世界を代表する100を越える大学、高等教育機関が参加している技術者教育の世界標準、「CDIOイニシアチブ」に2011年、国内の大学で初めて加盟しました。
CDIOは、Conceive(考えだす)、Design(設計する)、Implement(行動する)、Operate(操作・運営する)の頭文字。「工学の基盤となるサイエンス」と「実践・スキル」のバランスを重視した質の高い教育の実現を目指しています。「CDIOイニシアチブ」は教育プログラムに不可欠な12の項目をCDIO基準として提示し、将来を担う技術者に求められる知識・スキル・態度をCDIOシラバスとして例示しています。
KITは2012年度からプロジェクトデザイン教育を中心にCDIOを導入し、技術者教育のさらなる充実を図っています。

「CDIO基準」の例

  • 基準6「CDIOワークスペース」
    (学生同士で、専門知識と同時に製品・システム開発スキルを実践的に学び合うワークスペース、実験室)
  • 基準7「統合化した学習体験」
    (専門知識を個人・対人スキルや製品・システム開発スキルと同時に修得する統合化した学習体験。製品の設計をその設計に伴う社会的責任とともにひとつの学習体験で学ぶ等)
  • 基準8「アクティブラーニング」

「CDIOシラバス」の例

  • 数学・科学等の知識と技術者としての専門知識
  • システムシンキングや批判的思考、仮説と実証、モデル化や定量化による分析力、技術者としての倫理観
  • チーム運営能力とリーダーシップ、口頭・文書・図形・英語によるコミュニケーション能力
  • 社会における技術者の役割、経営的視点、プロジェクト運営・設計能力、改善能力など

リアルな問題に挑む課外活動プログラム

KITには授業で身につけた知識・スキルを使って実社会のリアルな問題に挑む100を超える課外活動プログラムがあります。

さまざまな困難に直面しながらも自分たちで問題発見・解決を行い、世界一を手にした

革新的なものづくりに挑む夢考房プロジェクト

夢考房を活動の場として革新的なものづくりに取り組んでいるのが夢考房プロジェクトです。「作れるものはすべて自分たちでつくる」ことを原則に、モーターに至るまで学生自身で製作している「ソーラーカー」や、燃費2500km/リットルという究極のエコカーを製作し、全国大会学生クラス4連覇を果たした「エコラン」、ロボコン世界一になった「ロボット」など、14のプロジェクト、600名の学生が学生主体で活動し、大きな成果を挙げています。

アントレプレナーズラボで学生イノベーターを目指す

アントレプレナーズラボは、学生が学外のさまざまなイノベーターと交流しながら、地域社会のリアルな課題に取り組み、自らイノベーターとして成長していく場です。
イノベーションに向けた意識改革や具体的なスキル修得を図る多彩なプログラムが開講されるほか、28の産学・地域連携教育研究プロジェクトが活動しています。

世界最高峰の研究開発機関 SRI(旧スタンフォード研究所)と共同して
「イノベーション力」教育を実施

学生と教員が一緒になってイノベーション創出に取り組む。プログラムは英語で実施される
SRIの「イノベーション5つの原則」(SRI Five Disciplines of Innovation®) 1.顧客と市場における重要なニーズの重視 2.顧客価値の創出 3.イノベーションチャンピオンを中心としたプロジェクト進行 4.イノベーションチームの編成 5.チーム内の意思統一

KITは世界のイノベーションを牽引する米国のSRIインターナショナルと共同して「イノベーション力」教育を2014年度から実施しています。
SRIは、コンピューターの「マウス」や、後に「インターネット」として発展していく世界初のコンピュターネットワーク、外科手術ロボット「ダビンチ」、自然言語を理解し音声で応える「Siri」など、さまざまなイノベーションを生み出してきました。そしてこうした顧客価値の高いイノベーションを創出する実践理論を「イノベーション5つの原則」として体系化しています。KITとSRIは共同して、この「イノベーション5つの原則」を体得する「イノベーション力」教育をキャンパス内で行っています。
希望する学生、大学院生はワークショップを通じて、SRIが持つイノベーション創出の仕組みを実体験します。その上で「アントレプレナーズラボ」を拠点に、地域社会のリアルな課題に取り組み、「イノベーション力」と「起業家精神」を自ら高めていきます。

学生が多国籍チームを組み、アジアの農村のイノベーション創出に取り組む「ラーニングエクスプレス」

ヒアリングやシャドーイング(作業体験)によりユーザーのニーズを明らかにする

「ラーニングエクスプレス」は学生が多国籍チームを組み、アジアの農村でのイノベーション創出に取り組む国際的なソーシャルイノベーションプロジェクトです。ユーザーが何を必要としているのかを考え解決策を創出する「デザインシンキング」の手法を取り入れ、地域発展、環境問題、持続可能な社会の観点から、村人の立場になって必要とされるものを考えます。生み出した解決策はプロトタイプ(試作品)として具体化し、村人に提案して製品化を行い、導入を目指します。
プロトタイプの試作や製品化は現地で入手できる材料や技術を用いて行います。

ユーザーは何を必要としているのかチームで考え、解決策を具体化する プロジェクトデザイン教育

プロジェクトデザイン教育は問題発見から解決にいたる過程・方法をチームで実践しながら学ぶ、全学生必修の金沢工業大学オリジナルの教育です。
ユーザーはどんなものを必要としているのか、問題を発見し、知識やアイデアを組み合わせて解決策を創出し、具体化して実験・検証・評価します。
世界の技術者教育で行われているConceive(考えだす)→Design(設計する)→Implement(行動する)→Operate(操作・運営する)という「CDIO」や、ユーザーを想定して何が問題で何を解決すべきかを考える「デザインシンキング」の手法も取り入れ、グローバル人材に期待される「イノベーション力」を実践的に身につけていきます。

プロジェクトデザイン教育のプロセス

チームで問題発見から解決にいたる過程・方法を実践しながら学ぶ

1年次前学期:プロジェクトデザイン入門[実験の手法を学ぶ]

生み出した解決策を検証評価するために必要な実験のプロセスと技術を学びます。身につけた実験技術は社会に出てからもさまざまな場面で役立つでしょう。

1年次後学期:プロジェクトデザインⅠ[創造のプロセスを体験]

アイデアを組み合わせて新しいアイデアを創り出す手法とまとめる手法を学びます。そして身近なものからテーマを選び、「問題の発見→問題の明確化→アイデアの創出と評価・選定→アイデアの具体化」という技術者の創造のプロセスを体験します。

例)
「自転車の交通事故防止対策」→解決策「自転車通行の危険箇所3Dシミュレータ」

2年次前学期:プロジェクトデザインⅡ[専門分野でアイデア創出]

専門に関連するテーマに取り組み、アイデアの創出・具体化を行います。

例)
「過ごしやすい学生寮」→「過ごしやすさとは何か?」定義を考える
●物音 ●におい ●温度 ●部屋の大きさ ●明るさ etc
定義に基づいてアイデアを考案する

2年次後学期:プロジェクトデザイン実践[アイデアを具体化して実験]

「プロジェクトデザインⅡ」で生み出したアイデアを実際に具体化して実験を行い、解決策がユーザーが求めているものなのかどうか検証・評価します。実行可能な解決策は最終設計レポートにまとめ、公開ポスターセッションで発表します。

例)
プロジェクトデザインⅡで「過ごしやすい学生寮」として遮音性能の高い部屋を考案。遮音性能のある材料の実験を行い、アイデアを検証する

3年次後学期:専門ゼミ[4年次の研究テーマを決める]

4年次のプロジェクトデザインⅢ(卒業研究)で取り組むテーマを決定します。4年次に所属する研究室が決まります。

4年次卒業研究:プロジェクトデザインⅢ[多様な解がある問題に挑む]

学部時代に身につけた知識・能力を総動員して専門分野における“多様な解がある問題”、“未知な問題”に挑戦します。1年間の活動成果は公開発表審査会で学生自らが広く社会 にむけて発表します。

学生同士で学び合い、議論し、ものをつくり、実験できるワークスペース

プロジェクトデザイン教育の拠点「7号館」

プロジェクトデザイン専用教室は学生同士で議論ができるよう楕円形のテーブルと壁一面のホワイトボートが特長。1階には授業後も議論ができるよう365日24時間オープンの自習室があります。

アイデアの創出・まとめ、発表ができる「イノベーション&デザインスタジオ」(23号館)

インタラクティブホワイトボードなどが設置された会議ブース(46ブース)や成果発表を行う空間が整っています。仲間とのアイデアの創出・まとめが自在にできます。

イノベーションに向けた「学び・気づき・行動」を実践「アントレプレナーズラボ」

ワークショップを行う空間やプロジェクトブース、成果発表を行うホールがあります。短期間で独創的なアプリを作るコンテスト「KITハッカソン」も開催。

アイデアを具体化できる「夢考房」(26号館、41号館)

高機能な金属3Dプリンターなど、アイデアを具体化する各種装置が整っています。生み出したアイデアをプロトタイプとして具体化できます。

具体化したアイデアを実験・検証できる「実験考房」(24号館)

多種多様な実験に対応できる機器や装置を多数設置。夢考房で具現化したアイデアが期待どおりの機能を発揮するか実験し、検証・評価します。

多様な解のある問題に挑戦できる高度な研究環境

「イノベーション力」育成には多様な解がある問題に挑戦できる高度な研究環境が必要となります。
KITの「やつかほリサーチキャンパス」はKITの研究所が集積した研究キャンパスです。学生は教員や企業とプロジェクトを組み、革新的なイノベーション創出に取り組んでいます。

KITの学生たちのものづくりにむけた情熱を動画で配信しています。

高杉 沙枝

[File.574]高杉 沙枝 /石川県出身/大学院機械工学専攻 博士前期課程修了/2015年4月 日機装(株)就職

将来、人の役に立つものづくりに関わりたいと、KIT機械工学科に進学した高杉さん。学びの中で、工学から医療分野にアプローチする医工連携の研究に関心が高まっていきました。現在、集大成として大学院で取り組んでいるのは、内視鏡を併用した胃壁縫合装置の開発です。医師の技術と時間を要する胃の縫合、彼女の研究が進めば、医師や患者の負担軽減につながる大きな成果が見込まれます。来春、産業用や医療用機器などで高い技術力を誇る日機装で社会人としてスタートを切ります。

動画詳細はこちら

渋谷 航平

[File.531]渋谷 航平 /群馬県出身/機械工学科 卒業/2014年4月 本田技研工業(株)就職

今春、あこがれの本田技研工業で、社会人としてのスタートを切る渋谷航平さん。学生主体の夢考房活動に関心をもち、群馬県からKITに進学。1年次からエコランプロジェクトに参加し、究極の自作省エネカーづくりに没頭する毎日を送りました。プロジェクトリーダーとして出場した2012年の広島大会では、学生歴代最高の2546km/lを記録。茂木大会でも学生クラス2連覇に大きく貢献しました。今の自分があるのは、エコランのお蔭と振り返ります。

動画詳細はこちら

高野 翔

[File.584]高野 翔 /長野県出身/メディア情報学科 卒業/2015年4月 KIT大学院進学

北陸と首都圏をつなぐ北陸新幹線がいよいよ開業します。金沢の新たな玄関口となるJR金沢駅の鼓門を、昨年秋、KITの学生たちがプロジェクションマッピングで見事にいろどりました。これは、新幹線開業に向けた取り組みとしてメディア情報学科出原研究室が、金沢市からの委託を受けて行ったものです。観客が参加できるゲーム形式のプロジェクションマッピングを担当した高野翔さんたち。複雑な形状や曲面に神経を使いながら、メンバーで力を合わせて取り組みました。大学院に進学し、さらに知識を深めたいと話します。

動画詳細はこちら

180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

14学科中10学科が就職率100%。 (2015年3月卒業生)

KITは14学科中10学科が就職率100%を達成しました。
残りの4学科も就職率は高く、メディア情報学科は97.1%、心理情報学科は98.1%、建築都市デザイン学科は97.4%、建築学科は99.3%でした。

2015年3月卒業生の就職実績

卒業者 1,457名
進学者 201名
就職希望者 1,225名
就職内定者 1,219名
自営 2名
自力開拓 29名
就職内定率 99.5%

就職者全体の55.0%が上場企業・大手企業・公務員へ就職

50.5%が関東・東海・関西の企業に就職
就職内定者1,219名の出身地と就職先

過去5年間の就職実績(就職率、上場企業・大手企業・公務員の割合)

関連サイト