「運動の三法則」や「万有引力の法則」を執筆したアイザック・ニュートンの著書「プリンキピア(自然哲学の数学的原理)」について、物理学研究者の視点から解説します。
「プリンキピア」は物理学の基礎を築いた著書の一つとしてあまりにも有名です。この本を実際に読んでみると、ニュートンが本当に伝えたかった「科学者がとるべき姿勢・信条」が見えてきます。そして、この自然哲学がまさに近代科学の礎になっています。
本講演を通じて、皆様が自然科学の基本思想を理解し、ワクワクするような自然科学探求の旅に再出発していただければ幸いです。講座では「プリンキピア」原典初版本の抜粋(複写したもの)を配布し、解説します。

講師

山口 敦史 教授(工学部 電気電子工学科)

日程

2017年9月30日(土) 13:00~16:30
  13:00~ 学長挨拶
  13:20~ 講義
  14:50~ 工学の曙文庫(貴重資料室)見学
  15:30~ ディスカッション

会場

金沢工業大学扇が丘キャンパス
チャレンジラボ(26号館)、ライブラリーセンター貴重資料室

対象

科学に興味のある方

定員

30名(先着)

受講料

5,000円

申込方法

申込みフォーム】からお申込みください。
--- 申込み〆切は、9月29日(金)です。
--- 受講料は、当日現金でお支払いください。