ロボティクス学科

機械系技術者として、
ロボット技術に係わる分野において
活躍できる人材の育成を目指す。

キーワード
  • 産業応用ロボット
  • 環境/フィールド応用ロボット
  • 防災/災害援助ロボット
  • 医療福祉支援ロボット
  • 生活支援機器システム
  • インテリジェントセンサシステム

学ぶ領域

①ロボット要素設計技術
数学・機械・電気の知識を応用したロボットの構成要素の設計に必要な工学領域を学ぶ。
③計測・制御・知能情報化技術
機械やロボットをコントロールするために必要な、計測技術・制御技術・プログラミング技術に必要な工学領域を学ぶ。
②システム統合化技術
ロボットの構成要素を統合した新しいシステムや次世代ロボットを創造に必要な工学領域を学ぶ。

専門科目一覧

【1年次】

工学大意(ロボティクス)/ロボット基礎力学T・U/機械系製図T・U

【2年次】

アカデミックライティング/ロボット材料力学/電気電子回路T・U/コンピュータ工学T・U/ロボットプログラミングT/ロボティクス数理・演習T・U/ロボット機能材料/ロボット応用力学T/システム数学T/制御工学T/ロボット設計演習T/ロボットセンシング

【3年次】

ロボット応用力学U/ロボット運動機構学/熱流体工学/ロボット設計演習U/ロボティクス専門実験・演習A・B/ロボティクス数理・演習V/メカトロニクス/制御工学U/シミュレーション工学/システム数学U/ロボット制御/信号処理/ロボットプログラミングU/ロボットインテリジェンス/機械加工学

【4年次】

ロボティクス統合演習T・U

研究室一覧

3年次後学期から研究室に所属し、1年間半、テーマに沿って研究活動に取り組みます。テーマ設定から調査・実験、論文の執筆、発表までを行います。

フィールドロボティクス

知能ロボティクス

ロボットコントロール

学科Q&A

Q

ロボティクス学科では、どんなことを学ぶのですか?

A

はじめに、機械工学の基礎を身につけます。その上でロボットをつくるために必要な3つの分野、「ロボット要素設計技術」、「計測・制御・知能情報化技術」、「システム統合化技術」を柱に学んでいきます。この3つの分野の中でも、ロボットをつくる上で重要な位置づけとなるのがシステム統合化技術です。数学、機械、電気、情報など、さまざまな分野の知識や技術をつなぎ合わせて、新しいロボット技術を創造することが、この分野には求められます。

Q

実際にロボットをつくる授業もあるのですか?

A

ロボティクス学科では、ものづくりのできるエンジニアを育てることを目標にしています。単に、既存の製品の評価や検証をするだけではなく、頭に思い描いたロボットを実際につくることをめざします。授業では小型のロボットを設計・製作し、プログラミングして動かすまでの一連の流れを経験的に学んでいきます。4年次には自分でひとつのオリジナルロボットがつくれるように学科のカリキュラムを編成しています。

Q

今後は社会の中でさらにロボット技術は必要になりますか?

A

それは間違いないでしょう。自動運転の分野をはじめ、介護福祉の現場や農業分野で活躍するロボット技術の開発が進んでいます。社会全体をスマート化しようという政府の取り組みのなかで、ロボット技術への期待はより大きくなっています。今後はロボット同士を組み合わせて新しいプロセスを生み出せる人材、また、人工知能の発展などと相まって、企業でロボットを部下のように使いこなしたりできる人材も求められていきそうです。

Q

KITならではの特色はどのような点ですか?

A

一般に大学では与えられたテーマに基づいてものをつくることが多いと思います。しかしKITでは、自分がつくりたいロボットをつくることができます。プロジェクトデザイン教育を主柱に、アイデアを具現化して自分たちの手でロボットを完成させることも特徴です。また、課外活動において夢考房などのプロジェクトに参加することもできます。学生たちは、NHK学生ロボコンやロボカップ、レスキューロボットなど、さまざまなプロジェクトで活動しています。教室での授業と課外活動の双方を通して、知識やスキルを修得できるとともに、ものづくりを実践的に学べることがKITの大きな特色の1つでしょう。

Q

就職先はどんな企業ですか?

A

主に機械や電気に関連する業界で、製造分野や生産技術に携わっている卒業生が多いです。近年は幅広い業界でロボットのことがわかるエンジニアが求められ、食品や農業分野などでも活躍しています。特にニーズが高まっているのは、医薬品や化粧品の分野です。そのようなメーカーでは薬品を扱うので、無菌状態で作業する必要があり、人間に代わってロボットに作業をさせるメリットが大きいのです。技術の進歩にともなってますますロボットの需要は高まり、今後あらゆる工場において、新しい技術に柔軟に対応できるロボットエンジニアが求められていくことでしょう。

学科紹介ビデオ・Webサイト

学科紹介ビデオ

ロボティクス学科をダイジェストで紹介します。

ロボティクス学科 学科紹介ビデオ

学科Webサイト

ロボティクス学科のオリジナルWebサイトです。

ロボティクス学科Webサイト

進路・資格

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • 愛知時計電機
  • アドバネクス
  • アマノ
  • 石川製作所
  • 菊池製作所
  • 共英製鋼
  • 三光合成
  • サンデン
  • 西日本旅客鉄道(JR西日本)
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
  • シスメックス
  • 澁谷工業
  • スズキ
  • ソフトバンク
  • 高松機械工業
  • タムロン
  • デンカ
  • 電機興業
  • 天馬
  • トヨタ自動車
  • 長野計器
  • 日本精機
  • ハーモニック・ドライブ・システムズ
  • 浜松ホトニクス
  • 平田機工
  • 不二越
  • 不二電機工業
  • 豊和工業
  • 北陸電気工事
  • 三菱電機
  • ヤマハ発動機
  • IDEC
  • DMG森精機
  • SMC
  • THK
  • TOA

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得推奨資格

  • 技術士補(卒業後技術士)
  • FE試験
  • CAD利用技術者 2次元、3次元
  • ボイラー技士 1級、2級
  • 機械設計技術者 3級

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(工業)

学習・教育目標

機械系のロボティクス技術者として、ロボット要素設計、センシング、システム制御、知能情報化などに関わる基礎知識と基盤技術を修得し、さらに、これらの知識と技術を統合的に活用して社会や生活に役立つロボットや新しい知能機器システムを創造できる、広い視野と倫理観をそなえた技術者を育成する。

交通アクセス
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.