ロボティクス学科

機械系技術者として、ロボット技術に係わる分野において活躍できる人材の育成を目指す。

キーワード
  • ・産業応用ロボット
  • ・環境/フィールド応用ロボット
  • ・防災/災害援助ロボット
  • ・医療福祉支援ロボット
  • ・生活支援機器システム
  • ・インテリジェントセンサシステム

学ぶ領域

①ロボット要素設計技術
数学・機械・電気の知識を応用したロボットの構成要素の設計に必要な工学領域を学ぶ。
②システム統合化技術
ロボットの構成要素を統合した新しいシステムや次世代ロボットを創造に必要な工学領域を学ぶ。
③計測・制御・知能情報化技術
機械やロボットをコントロールするために必要な、計測技術・制御技術・プログラミング技術に必要な工学領域を学ぶ。

専門科目一覧

【1年次】

工学大意(ロボティクス)/ロボット基礎力学T・U/機械系製図T・U

【2年次】

アカデミックライティング/ロボット材料力学/電気電子回路T・U/コンピュータ工学T・U/ロボットプログラミングT/ロボティクス数理・演習T・U/ロボット機能材料/ロボット応用力学T/システム数学T/制御工学T/ロボット設計演習T/ロボットセンシング

【3年次】

ロボット応用力学U/ロボット運動機構学/熱流体工学/ロボット設計演習U/ロボティクス専門実験・演習A・B/ロボティクス数理・演習V/メカトロニクス/制御工学U/シミュレーション工学/システム数学U/ロボット制御/信号処理/ロボットプログラミングU/ロボットインテリジェンス/機械加工学

【4年次】

ロボティクス統合演習T・U

研究

4年次には学科の研究室に所属し、1年間、テーマに沿って研究活動に取り組みます。

学科Q&A

Q

ロボティクス学科ではどんなことを学びますか?

A

機械系であるため、機械工学の基礎をしっかり身につけます。力学や設計をはじめ、計測制御、電気電子回路の知識などロボット技術に必要なことを幅広く学んでいきます。最近では、ロボットを高精度に動かしたり知能化するためには、新しい情報技術が重要な役割を果たしますので、情報系の科目も学びます。
入学してきた学生で意外に多いのが、まだ自分が何をやりたいか決まっていないという学生です。でも、それでもいいんです。まずは広くいろいろなことを学んで、その中で自分が本当にやりたいことを探り出す。そのプロセスがとても意義のあることなのです。

Q

実際にロボットをつくる授業もありますか?

A

工学というのは理論だけでなく、ものをつくるということが不可欠。授業でも小型のロボットを一から設計・製作し、プログラミングして動かすまで一連の流れを学びます。より優れたアイデアを具現化するため、グループで協力して作業を進めます。
本格的にロボットを製作したい場合は、夢考房プロジェクトに参加するといいでしょう。世界大会にも出場し好成績を残しているロボットプロジェクトをはじめ、ロボカップ、災害救助、義手研究開発、自律走行車、無人飛行機、人工衛星などのロボットにチャレンジするプロジェクトがあります。

Q

ロボット技術はこれからの時代にますます必要となってきますか?

A

はい、もうすでになくてはならない技術になっています。たとえば、今の車は運転支援機能がついていて、ぶつかりそうになると自動的に停まります。自動運転の技術も日々進歩しており、バスやタクシーなどを自動運転するロボット技術も近い将来確立されるでしょう。エアコンなども、現在では人がいることを検知して、効果的に空間の冷暖房を行ってくれます。機器が外界の環境を把握して適切に動く技術も、一種のロボット技術といえます。ロボットというと人型と思われがちですが、このような形ですでに私たちの生活の中にロボット技術が活かされているのです。
また、高齢者や障がい者のための福祉医療支援ロボットや生活支援ロボットの開発は本学科でも重要なテーマとして捉えています。ますます進んでいく高齢化社会を支える技術としてロボットの果たす役割はさらに大きくなると思います。

Q

学んだ知識や技術を活かせる就職先は?

A

機械メーカーなど機械関連が一番多いですが、最近では電気や情報関連分野の企業への就職も多くなってきています。

学科メディアコンテンツ

学科紹介ビデオ

ロボティクス学科をダイジェストで紹介します。

動画での紹介はこちら

進路・資格

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • アイチコーポレーション
  • IDEC
  • アマノ
  • SMC
  • NECディスプレイソリュー
     ションズ
  • 共英製鋼
  • コマツNTC
  • サクサ
  • JR東日本
  • 澁谷工業
  • スズキ
  • 立花エレテック
  • タムロン
  • 津田駒工業
  • 電気興業
  • 日本精機
  • 浜松ホトニクス
  • 不二越
  • ヤマハ発動機

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得できる推奨資格

  • 技術士補(卒業後技術士)
  • 情報処理技術者
  • 自動車整備士 3級(卒業後申請)
  • ガス溶接技能者(認定)
  • 危険物取扱者 甲種・乙種
  • 電気工事士 1種・2種
  • 知的財産管理技能検定
  • 電気取扱業務安全衛生特別教育
  •  (認定)
  • CG-ARTS検定
  • ディジタル技術検定
  • 日商簿記検定 2・3級
  • 実用英語技能検定 1〜準2級
  • 工業英語能力検定 1〜4級
  • 日本漢字能力検定 準1〜3級
  • 秘書技能検定 準1〜3級
  • 日本語検定 1〜3級
  • 機械設計技術者 3級
  • CAD利用技術者試験
  • 3次元CAD利用技術者試験
  • FE試験
  • ITコーディネータ
  • 品質管理検定(QC検定) 1〜4級
  • 実用数学技能検定 1〜3級
  • TOEIC
  • ドイツ語技能検定試験 1〜4級
  • 中国語検定試験 1〜準4級
  • MOS
  • 韓国語能力試験
  • 現代用語能力検定
  • 語彙・読解力検定

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(工業)

教育目標

様々な産業分野で各種のロボットが活躍する現代社会において、多機能かつ高性能なロボット技術開発が求められている。本学科では、機械系のロボティクス技術者として、ロボット要素設計技術、センシング技術、システム制御技術、知能情報化技術などの基礎知識とシステム統合化技術を修得し、社会や生活に役立つロボットや新しい知能機器システムを創造できる技術者を育成する。

修得する知識・能力

①自ら考え学ぶ能力
機械系・ロボティクス技術者として活躍するために、学科の学習・教育目標を理解し、科目間の連携や履修課程を把握したうえで、自らの修学計画を立案し実行することができる。さらに、専門領域の産業界の動向、求められる技術者像や専門的能力に関心を持つとともに、過去・現在・将来の自分について考え、自らの進むべき方向性を見出すことができる。
②機械工学の基礎知識及び専門知識の修得と応用能力
機械工学の基盤科目である機械力学、材料力学、熱・流体力学の基礎知識を修得し、これらの基礎知識をロボットの機構設計や運動解析に応用することができる。
③電気・電子工学、計測・制御工学の基礎知識及び専門知識の修得と応用能力
(1)エレクトロニクスの基本となる電磁気、電気電子回路を理解したうえで、ロボットを制御するための基本的な駆動回路、フィルター等を設計することができる。
(2)数学の知識をもとに計測と制御の原理を学習し、センサ、信号処理、フィードバックの概念を理解したうえで、動くものの特性を解析することができる。さらに、この特性や評価値にもとづいて、制御系の基礎的な設計を行うことができる。
④プログラミング技術及び知能情報化技術の修得と応用能力
プログラミング言語の基本から、アルゴリズムとデータ構造を理解し、動くものを制御するための基本的プログラムを作成することができる。
⑤設計製作に必要な知識と技術の修得と実践能力
機械やシステム、さらにはロボットを構成する要素技術を理解したうえで、修得したCAD汎用技術や設計技術を活用し、機械やロボット製作に応用できる。さらに、実際の機械や機構に触れ、実践を通して機械工作の基礎を学ぶとともにロボットの機械的設計および加工を行うことができる。
⑥システム統合化能力とプロジェクト遂行能力
社会ニーズから問題を発見し、問題の本質を理解したうえで、身につけた知識と技術を統合し一連の工学設計過程を実践することにより問題を解決することができる。また、実験をとおして現象を解明し、与えられた制約の下で、個々が身につけた技術やコミュニケーション能力を生かし、計画的に仕事を進め、報告書にまとめ発表することができる。
Fキャリアデザイン能力
産業界の動向、求められる技術者像、職場環境などを把握して、技術者としての将来像を創造していくことができる。
所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.