工学部

航空システム工学科

機械系技術者として、航空機工学に係わる分野において活躍できる人材の育成を目指す。

動画での紹介はこちら

学生の活躍

教育目標

我が国の航空機産業において、安全性は勿論のこと、エネルギーの有効活用とともに、地球環境と調和した先端的な技術革新が今まで以上に求められる。本学科では航空工学を支える基礎知識を身につけ、それを応用して航空機とその構成要素技術と航空統合技術を修得し、輸送機械産業で活躍できる柔軟で創造性豊かな人材を育成する。

キーワード
  • ・安全性
  • ・エネルギー
  • ・地球環境
  • ・先端的技術革新
  • ・航空機および構成要素
  • ・輸送機械

学ぶ領域

①航空機要素技術
航空機に働く揚力や推力を効率よく発生させるメカニズムと、その制御技術に必要な工学領域を学ぶ。
②航空機統合技術
航空機の構造・機能を理解し、安定した飛行を実現する統合システム技術に必要な工学領域を学ぶ。

修得する知識・能力

①設計・製造基礎能力
実際の機械や機構に触れて機械というものを理解した上で、設計製図の基礎とCADを用いた現代設計技術を学習し、機械工学におけるモノ作りを実践する。機械工作の基礎をベースに、機械要素の設計を行うことができる。
②力学の基礎知識の修得と航空専門科目への応用能力
機械分野の基礎学問である材料力学・機械力学・熱力学・流体力学の4力学とその関連分野について学習して機械工学の基礎的知識を修得し、これらの知識を航空工学の専門領域に対して具体的に応用することができる。
③航空技術者としての自主学習能力
航空工学の主要分野(空力、構造、装備、制御)の概要を知り、それら工学分野の調和の上で成立する航空機の設計、製造プロセスを理解した上で、必要な知識・技能を自主的かつ継続的に修得することができる。
④コンピュータ援用シミュレーション能力
数学、コンピュータ利用技術、シミュレーション技術を修得し、航空工学の諸問題を解決する手段として活用することができる。
⑤航空工学専門知識の実践能力
航空工学全般にわたる専門知識や解析手法を実験・演習を通して身につけることができる。
⑥工学設計能力
身近な問題についての設計過程を経験することによって、具体的な航空機の設計や航空工学理論の応用、航空機に関連する実現象の評価等を含め、実現可能なものを設計・製作・提案することのできる能力を身につけ、それを応用することができる。
⑦キャリアデザイン能力
機械工学・航空工学に関する産業界の動向、求められる技術者像、職場環境などを把握して、技術者としての将来像を創造していくことができる。

研究紹介サイト

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • IHI
  • IHI回転機械
  • アイシン・エィ・ダブリュ
  • 川重岐阜エンジニアリング
  • 協和エクシオ
  • 小糸製作所
  • コマツNTC
  • 山洋電気
  • JR東日本
  • 澁谷工業
  • ジャムコ
  • 大和冷機工業
  • 竹田設計工業
  • トランテックス
  • 新潟原動機
  • 日本飛行機
  • 日野自動車
  • ミネベア

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得できる推奨資格

  • 技術士補(卒業後技術士)
  • 情報処理技術者
  • 自動車整備士 3級(卒業後申請)
  • ガス溶接技能者(認定)
  • 危険物取扱者 甲種・乙種
  • 電気工事士 1種・2種
  • 知的財産管理技能検定
  • 電気取扱業務安全衛生特別教育
  •  (認定)
  • CG-ARTS検定
  • ディジタル技術検定
  • 日商簿記検定 2・3級
  • 実用英語技能検定 1〜準2級
  • 工業英語能力検定 1〜4級
  • 日本漢字能力検定 準1〜3級
  • 秘書技能検定 準1〜3級
  • 日本語検定 1〜3級
  • 機械設計技術者 3級
  • CAD利用技術者試験
  • 3次元CAD利用技術者試験
  • FE試験
  • ITコーディネータ
  • 品質管理検定(QC検定) 1〜4級
  • 実用数学技能検定 1〜3級
  • TOEIC
  • ドイツ語技能検定試験 1〜4級
  • 中国語検定試験 1〜準4級
  • MOS
  • 韓国語能力試験
  • 現代用語能力検定
  • 語彙・読解力検定

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(工業)

関連する大学院

教育目標

国内外の機械分野の技術革新に積極的に貢献する高度な専門能力と、幅広い技術分野に対応する統合能力を備え、機械工学を基幹とした研究開発分野、または先進的専門領域において活躍する人間力豊かで行動力のある高度専門機械技術者・研究者の養成を目指す。

カリキュラム、科目概要

・機械工学専攻のカリキュラムはCampus Noteの「大学院カリキュラムフロー・科目概要」をご覧ください。

Campus Note 学生便覧 学部・大学院

・科目の詳細は「大学院学習支援計画書(シラバス)」をご覧ください。

大学院学習支援計画書(シラバス)

教育目標

産学連携を教育システムの中で体系化し、工学技術者として具体的な技術分野における調査・分析力、企画・立案能力、検証・解決能力、開発マネジメント力の4つの能力の向上を図る。これにより、「安全安心なものづくり」のプロフェッショナル・マネージャーとして、広い視野のもとでプロジェクト研究開発ができる高度専門技術者・研究者の養成を目指す。

カリキュラム、科目概要

・科目の詳細は「大学院学習支援計画書(シラバス)」をご覧ください。

大学院学習支援計画書(シラバス)

所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.