建築学科 動画、コンテンツ

Q&A

建築学科には、建築デザインコースと建築エンジニアリングコースという2つのコースがありますが、両コースの違いを教えてください。

建築デザインコースでは、建築・住宅・インテリアからまちづくり、都市レベルまで、計画・設計ができる専門知識とデザイン力を身につけます。一方、建築エンジニアリングコースは、工学的な住環境のエンジニアをめざし、建築・都市の環境整備や耐震、省エネルギーなどを学びます。ただし、両コースに分かれるのは3年次からで、それまでは両コースともに建築の基礎をしっかりと学びます。

KITならではの特徴はどんなところですか?

大学の教員に加えて、非常勤の建築家が10人以上と充実しています。設計の授業では1人の先生が12人くらいの学生を指導するので建築設計の基礎をしっかり学べます。また、デザインの基礎を1年次から身につけてもらうため、CAD などの前にまず手書きでスケッチさせる授業が特徴的といえます。他大学の建築学の授業では、手書きでスケッチする機会がかなり減っていますが、KIT が手書きを重視するのは、建築のスケール感と立体感を体で覚えることができるから。建築エンジニアリングコースでは、木造建築の構造に力を入れている点が他校との違いです。木造は近年、再評価されており、難燃性木材なども開発されて輝きを増しています。木造を専門的に研究されている先生もいますし、歴史都市である金沢は木造建築と近代建築の生きた教材が豊富です。そのような地の利を活かした学びができることも特徴です。また、KITには環境の5要素である熱、空気、音、光、都市について、それぞれ専門の先生が揃っているので、特化して学べることも強みです。

金沢で建築を学ぶことのメリットはありますか?

金沢は歴史都市ですので、建築を学ぶには魅力の多い土地です。特に木造建築の構造や修復技術を学ぶには、生きた教材の多い金沢は有利ですし、さらに最先端の現代建築が同時に学べることもKIT の強みです。

数学や理系の教科が苦手でも、建築学科で学べますか?

計算は必要ですが、数学が苦手でも大学に入ってから学べば十分です。むしろ、「建築に興味がある」とか「建築が好き」であることが望ましいです。あるいは「絵や写真が好き」な人でも、素養は十分といえるでしょう。そんな人たちに建築の基礎からしっかり教えて、プロとして社会に送り出すのが我々の役目です。それが可能な教育システムを組んでいると自負しています。

就職先の傾向について教えてください。

8割の学生は建築関連の企業に進みます。総合建設会社をはじめ、ハウスメーカーや設計事務所、設備会社などのほか、素材メーカーや建材メーカー、不動産会社、ビル・マンション管理会社などに就職する学生もいます。あとは、官公庁です。近年では石川県をはじめ、県庁に採用される例が増えており、まちづくり事業などの部門で卒業生が活躍しています。

交通アクセス
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.