建築デザイン学科

安全で美しく快適で持続可能な建築やまち・都市を設計・計画できる人材の育成を目指す。

キーワード
  • ・建築のデザイン
  • ・地域の計画
  • ・人間/社会の把握

学ぶ領域

①建築設計
作品づくりを通して、建築設計・住宅設計・リフォーム設計・インテリアデザイン・景観デザインなどに必要な領域を学ぶ。
②都市・まちづくり
まち・地域・都市の構成、文脈や成り立ちの分析・考察を通して、まち・地域・都市を計画に必要な領域を学ぶ。
③建築計画・意匠
多くの建築物の分析・考察を通して、建築計画・歴史意匠・保存改修などの計画に必要な領域を学ぶ。
2年生までは建築学科と共通のカリキュラムであり、入学後の適正をみて建築学科に転学科することもできます。また、一定の条件を満たせば、建築デザイン学科に所属しながら、建築学科の研究室でプロジェクトデザインIII(卒業研究)を行うこともできます。
建築デザイン学科、建築学科とも1級建築士受験の学歴要件を満たす教育プログラムです。

専門科目一覧

【1年次】

環境・建築大意/建築学概論T・U/建築基礎製図/絵画・造形

【2年次】

アカデミックライティング/日本建築史/建築設計T・U/建築環境設備T・U/建築構造力学T・U/建築CAD/建築計画論/都市空間デザイン論

【3年次】

環境計画/建築総合演習A・B/西洋建築史/空間メディア/建築デザイン論/都市・まちづくり論/建築空間構法/建築材料/鉄筋コンクリート構造/鉄骨構造/建築意匠論/サスティナブル建築/建築施工/建築法規/建築構造計画

【4年次】

実践建築学

研究

4年次には学科の研究室に所属し、1年間、テーマに沿って研究活動に取り組みます。

学科Q&A

Q

建築を学べる学科は2つありますが、建築デザイン学科は、建築の何について学ぶのですか?

A

建築学科が建築物の構造・材料や環境・設備などテクノロジー分野が中心なのに対し、建築デザイン学科はデザイン分野を中心に、建築をつくる計画・設計手法や、都市・まちづくりについて学びます。
  カリキュラムとしては、入学してから2年間は両学科とも同じ教員が同じ授業をしているので、ともに建築士の資格取得に必要な科目を勉強できます。3年次になり専門科目が増えてくると2学科の特徴がはっきりし、テクノロジー分野中心の建築学科は授業で構造・環境実験を行うのに対し、デザイン分野中心の建築デザイン学科は建築作品づくりや都市課題に取り組むことになります。卒業研究が作品形式か論文形式で選べるのも、建築デザイン学科の特徴といえるでしょう。

Q

KITで建築デザインを学ぶメリットは?

A

KITの建築系は建築分野の総合大学であり、建築に関わるあらゆることが学べます。建築系の教員が24名おり、建築デザイン学科だけでも、建築計画・設計、都市・まちづくり、歴史的建築物の調査・保存、建築の事業計画、建築CADなど、さまざまな分野を専門とする教員が揃っているので、建築を包括的に学べます。また、私立大学としては珍しく設計指導において毎週全員のマンツーマン教育を行っており、学部4年次から院生にかけて全国コンペで入賞するハイレベルな学生も出ています。>br> 学ぶ環境としても、金沢は江戸時代から平成までの代表的な建築物が年輪のように歴史を重ねた都市であり、まち全体が建築博物館ともいえます。いわば、まちが建築を学ぶ大きなキャンパスで、建築デザインを学ぶには恵まれた環境なのです。

Q

就職先はどのようになりますか?

A

ほとんどの学生が建築業界に就職します。設計事務所やハウスメーカーの設計職に就くのは毎年20名前後です。最も多いのが建設会社、設備会社の施工管理職で全体の5〜6割、他は不動産会社、ビル・マンション管理会社、建材・設備機器メーカーなどです。近年、店舗内装デザイン・施工職が増えています。公務員は毎年10名前後。国の政策もあり、女性の産休・復職制度も整備されてきています。現状では就職先は十分あり、今後も急な変動はないと言われています。ちなみに、構造設計事務所や設備設計事務所は建築学科の領域になります。

Q

入学してから「学びたい分野が違う」と感じたら、建築2学科の間で転学科はできますか?

A

はい、できます。3年次に上がるときに申請手続きをし、小論文と面接を受ければ転学科は可能です。2年次までに建築に関する基礎教育はほぼ共通に学ぶので、転学科のために追加される科目もありません。

学科メディアコンテンツ

学科紹介ビデオ

建築デザイン学科をダイジェストで紹介します。

動画での紹介はこちら

RDAプロジェクト

RDAプロジェクトは、学生がアイデアを出し、アパートや寮の改修・新築を実践的に行うプロジェクトです。建築デザイン学科の宮下研究室が取り組む、このRDAプロジェクトの成果がご覧いただけます。

RDAプロジェクト 学生による夢のアパートづくり

進路・資格

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • 大林組
  • 奥村組
  • 鹿島建設
  • 北野建設
  • 鴻池組
  • 五洋建設
  • 三機工業
  • 三協立山
  • 清水建設
  • JR東海建設
  • スペース
  • 積水ハウス
  • 大成建設
  • 大鉄工業
  • 大和ハウス工業
  • 大和リース
  • 高砂熱学工業
  • 竹中工務店
  • 鉄建建設
  • 東急建設
  • 戸田建設
  • 西松建設
  • 野村不動産パートナーズ
  • 長谷工コーポレーション
  • 福田組
  • 前田建設工業
  • 三井住友建設
  • 山下設計

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得できる推奨資格

  • 1級建築士
  •  (2年以上の実務経験が必要)
  • 2級建築士(卒業後)
  • 技術士補(卒業後技術士)
  • 情報処理技術者
  • 施工管理技術検定
  • 宅地建物取扱主任者
  • マンション管理士
  • 知的財産管理技能検定
  • カラーコーディネーター検定
  •  2級・3級
  • 福祉住環境コーディネーター検定
  •  2級・3級
  • 日商簿記検定 2級・3級
  • 実用英語技能検定 1〜準2級
  • 工業英語能力検定 1〜4級
  • 日本漢字能力検定 準1〜3級
  • 秘書技能検定 準1〜3級
  • 日本語検定 1〜3級
  • CAD利用技術者試験
  • 3次元CAD利用技術者試験
  • 照明コンサルタント
  • インテリアプランナー(20歳以上)
  • インテリアコーディネーター
  • マンションリフォーム
  •     マネージャー(20歳以上)
  • ファシリティーマネージャー
  • ITコーディネーター
  • 品質管理検定(QC検定) 1〜4級
  • 実用数学技能検定 1〜3級
  • TOEIC
  • ドイツ語技能検定試験 1〜4級
  • 中国語検定試験 1〜準4級
  • MOS
  • 韓国語能力試験
  • 現代用語能力検定
  • 語彙・読解力検定
  •                     

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(工業)

教育目標

<建築系>
建築学に関する幅広い専門的知識を学び、経済性や生産性を考慮しながら、美しく機能的な建築空間を計画・設計し運営できる能力、及び安全で快適な建築構造・建築環境を構築し運営できる能力を育成する。

<建築デザイン学科>
デザイン分野を中心に建築の設計・計画能力を育成する。
豊かで美しく持続性のある建築や地域の環境形成が求められている現代にあって、本学科では、建築・住宅・インテリアからまちづくり・都市レベルに至る人間環境を計画・設計できる高度な専門知識・デザイン力を身につけた人材を主として育成する。また、建築学に関する幅広い専門的基礎知識を学び、経済性や生産性を考慮しながら、安全で快適な建築構造・建築環境を構築し運営できる能力を育成する。

修得する知識・能力

①建築学全般の基礎的能力
建築に求められる、使いやすさや美しさにかかわる建築計画、安全性にかかわる建築構造、快適さや健康にかかわる建築環境の三つの領域を主に学ぶことにより、建築に対する理解を深めることができる。
②建築図面・文章等の基礎的表現能力
建築計画・建築構造・建築環境などで学んだ、建築や地域に求められる基本的な内容を、図面や文章等を使って的確に表現することができる。
③建築設計・計画の基礎・応用能力
使いやすく美しい建築を実現するために、建築空間の用途に応じた機能・構成・意匠等を理解することができる。さらに、建築や都市空間を調査・評価する能力を養い、建築デザインの潮流および最先端の動向を踏まえ、自らの感性を活かした建築を設計することができる。
④都市・まちづくりの基礎・応用能力
都市や地域を形成している集合体としての建築群の役割や特性について、歴史的な変遷を含めて理解することができる。さらに、建築・都市を調査・分析する能力を養い、都市・まちづくりの計画や構想を立案することができる。
⑤建築環境・設備の基礎的能力
快適で健康的な建築を実現するために、建築の内外に形成される音・光・熱・空気・エネルギー等の環境と人間との関連性を理解することができる。
⑥建築構造の基礎的能力
安全で安心な建築を実現するために、建築の構造的特徴を、安全性の観点から理解することができる。
⑦建築生産の基礎的能力
建築の構法や材料などの建築生産の基礎について理解することができる。
⑧建築CAD・CGの基礎・応用能力
デジタルメディアを活用した建築空間表現の高度な技術を修得することができる。
⑨分析・考察・提案能力
建築の基礎から応用までの学習過程で得られた知識を確認し、それらを用いて問題を発見し、解決することができる。
⑩プレゼンテーション能力
自分の意図するところや得られた成果を分かりやすく論理的に表現することができる。
⑪キャリアデザイン能力
建築関連分野における実社会の動向を理解し、大学院進学も含めて将来の進路を幅広く展望したうえで、自らの進むべき方向を決定することができる。
所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.