環境土木工学科

地域から国土に至る環境を構築し、市民生活の持続的な発展を創造できる人材の育成を目指す。

キーワード
  • ・環境の安心/安全
  • ・社会インフラの計画
  • ・環境の構築

学ぶ領域

①土木設計・施工・維持管理
快適で自然災害に強い社会インフラの計画・設計・施工・維持管理などに必要な工学領域を学ぶ。
②地理空間情報
高度情報化社会を構築するGPS・地理情報システム・電子地図などに必要な工学領域を学ぶ。
③地域・環境計画
地域の環境計画・景観計画・交通計画などまちづくり・国土開発の計画・設計に必要な工学領域を学ぶ。

専門科目一覧

【1年次】

環境・建築大意/土木数理/測量学T・U/環境土木工学設計T

【2年次】

アカデミックライティング/構造力学T・U/環境材料学/土質力学T・U/水の流れT・U/測量実習・演習T/環境土木工学設計U/鉄筋コンクリート工学/都市空間デザイン論

【3年次】

土木施工学/測量実習・演習U/環境土木専門実験・演習A・B/構造解析学/地盤解析学/空間情報工学/環境工学T・U/防災工学T・U/地域政策学T・U/都市・まちづくり論/環境土木設計演習/土木設計学/空間情報工学演習

【4年次】

地域環境防災フィールド学

研究

4年次には学科の研究室に所属し、1年間、テーマに沿って研究活動に取り組みます。

学科Q&A

Q

そもそも土木工学とは何について学ぶ学問なのですか?

A

「土木」は中国前漢時代の「築土構木」という言葉に由来し、土木工学はCivil Engineeringと英訳されます。市民を指すCivilには文明という意味もあり、文明をつくる工学とも言えるかもしれません。つまり、土木工学は社会・市民のためのものであり、国や地域の社会基盤をつくることを学ぶ学問と言えます。 たとえば、都市を計画することも土木工学の仕事。都市をつくるには10年や20年ではできません。100年、200年先を見据えて仕事をするのが土木技術者なのです。港湾や道路、鉄道、上下水道の整備のほか、橋やトンネルなどの土木構築物をつくることはもちろん、これを長持ちさせるメンテナンス、環境や街のデザインや災害に強い地域づくり、さらに高度情報化社会を構築する空間情報サービスなども土木工学の範疇になります。

Q

KITの環境土木工学科の特徴は何ですか?

A

コンクリートなどのハード系と、位置情報などのソフト系の両方が充実している点です。特に位置情報を使って地域を活性化させ、人の生活を便利にする空間情報サービスを産学連携の「地理空間情報プロジェクト」として研究しています。今までのインフラ系だけではなく、このようなリモートセンシング系にも注力する点が特徴的です。

Q

最近人気の「ドボジョ(土木女子)」も増えていますか?

A

最近は世界で活躍する女性土木技術者が増えています。本学卒業生の中にもアフリカで地図をつくっている女性もいます。土木関連の入札案件にも、「女性が主任技術者であること」という条件があるとも聞きますし、土木は男性だけの世界でなく、女性へのニーズも高まっているようです。

Q

土木技術者と土木作業員はどう違いますか?

A

言葉は似ていますが、環境土木工学科が育成・輩出する人材は土木技術者です。まちの工事現場などで働く土木作業員と違い、構築物をつくる計画・設計・管理などを行う土木技術者はオフィスを中心に仕事する技術者なのです。

Q

就職先はどのようになりますか?

A

卒業生の進路は、大別して公務員、ゼネコン、建設コンサルタント会社、メーカーという4分野があります。土木関係の公務員は、国なら国土交通省で、県や市町村にも必ず土木部があります。土木部は土木を学んだ人が圧倒的に有利で、その意味では公務員になりやすいわけです。また、総合建設業のゼネコンや、都市計画や調査・測量・設計をする建設コンサルタント業でも人手不足と言われており、活躍する場は広がっています。さらに、橋やトンネルの材料を開発するメーカーに就職する人もいます。

学科メディアコンテンツ

学科紹介ビデオ

環境土木工学科をダイジェストで紹介します。

動画での紹介はこちら

学生の活躍

学科紹介リーフレット

環境土木工学科を紹介するリーフレットです。
環境土木工学科リーフレット

進路・資格

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • 安藤・間
  • 鹿島道路
  • 川田工業
  • 協和コンサルタンツ
  • 鴻池組
  • 国土開発センター
  • JR東海
  • JR西日本
  • JR東日本
  • 第一建設工業
  • 大鉄工業
  • 鉄建建設
  • 東亜建設工業
  • 東鉄工業
  • 東洋建設
  • トーエネック
  • 飛島建設
  • NIPPO
  • 福田組
  • 不動テトラ
  • 前田道路
  • みらい建設工業
  • 名工建設

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得できる推奨資格

  • 技術士補(卒業後技術士)
  • 情報処理技術者
  • 施工管理技術検定
  • 危険物取扱者 甲種・乙種
  • 公害防止管理者
  • 環境計量士
  • 一般計量士
  • 作業環境測定士
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 廃棄物処理施設技術管理者
  • 下水道管理技術検定
  • 浄化槽管理士
  • 浄化槽設備士
  • 測量士補(卒業後申請)・測量士
  •  (要実務経験)
  • 火薬類保安責任者(取扱/製造)
  • 宅地建物取扱主任者
  • 知的財産管理技能検定
  • 電気取扱業務安全衛生特別教育
  •  (認定)
  • 日商簿記検定 2級・3級
  • 実用英語技能検定 1〜準2級
  • 工業英語能力検定 1〜4級
  • 日本漢字能力検定 準1〜3級
  • 秘書技能検定 準1〜3級
  • 日本語検定 1〜3級
  • CAD利用技術者試験
  • 3次元CAD利用技術者試験
  • 照明コンサルタント
  • ビオトープ管理士
  • 土木技術認定(2級土木技術者)
  • FE試験
  • ITコーディネーター
  • 品質管理検定(QC検定) 1〜4級
  • 実用数学技能検定 1〜3級
  • TOEIC
  • ドイツ語技能検定試験 1〜4級
  • 中国語検定試験 1〜準4級
  • MOS
  • 韓国語能力試験
  • 現代用語能力検定
  • 語彙・読解力検定
  •                     

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(工業)

教育目標

現代は、自然環境と調和した安全・安心で持続性のある快適な環境づくりを求めている。本学科は、まちづくりや都市計画の地域環境、交通・河川・水・緑の国土環境、自然や生物多様性を守る地球環境を対象とし、施設構造物から地域開発までの幅広い計画・設計・施工・維持管理ができる専門的な基礎知識を身につけた人材を育成する。環境技術・防災技術・地域政策を総合的な学びの領域とし、社会インフラを含む環境を構築し運営できる人材を育成する。

修得する知識・能力

①環境土木工学技術者に向けての自己形成能力
講義、フィールド見学、社会人による講演などさまざまなアプローチにより、業種および職種が多岐にわたる建設業界を学び理解することができる。さらに環境土木工学の技術者になるための自己のキャリアパスを描くことで自己形成能力を身につけることができる。
②構造物の設計・施工・維持管理に関する基礎的能力
土木力学、構造力学、コンクリート工学など構造物の基礎を学び、構造物の設計・施工・維持管理に関する基礎的能力を身につけることができる。
③自然環境の活用に関する基礎的能力
土の性質と水の流れの基礎を学び、自然環境の活用に関する基礎的能力を身につけることができる。
④空間情報を計測・分析・評価する基礎的能力
情報通信工学を活用した空間情報工学・衛星測位など最新の計測手法を学び、環境情報を処理・解析および評価することができる。
⑤環境土木工学の統合化能力
環境土木工学の基礎知識を統合化した環境技術・防災技術・地域政策を学び、安全・安心で持続性のある地域環境を構築し運営できる能力を身につけることができる。
Eプロジェクトデザイン能力
プロジェクトデザイン手法を学び、コミュニケーション能力およびプレゼンテーション能力を身につけ、問題を発見しそれを解決するアイディアを提案する能力を身につけることができる。
Fキャリアデザイン能力
関連分野における実社会の動向を理解し、大学院進学も含めて将来の進路を幅広く展望したうえで、自らの進むべき方向を決定することができる。
所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.