心理科学科

近年、産業や教育の現場では人間のこころの動きを活用して、より魅力的な製品の企画や安全で効果的なシステムの改善を行うことが増えてきています。心理科学科では、心拍計、サーモグラフィー、視線計測装置等、理工系大学ならではの計測装置を活用して、こころの動きを科学的に測定し、それを実際の現場に活用するための技術を身につけることを目標に、幅広い科目を用意しています。

※本学臨床心理学専攻と心理科学科は、心理職の国家資格である「公認心理師」への対応を進めております。

キーワード
  • 心理実験
  • 生理測定
  • 脳機能計測
  • データ解析

学ぶ領域

①心理感性評価
心理感性評価の科目群では消費者心理、人間工学、ヒューマンインターフェースなど、ものづくりシステム設計への応用を見据えた知識、技術を身につけます。
②脳・生理機能
脳・生理関係の科目群では、産業界で必要とされることが多くなってきた脳や生体に関する知識や、その測定技術を獲得することをめざします。

専門科目一覧

【1年次】

情報フロンティア大意(心理科学)/Webデザイン/心理学概論/ITシステム基礎/プログラミング基礎/心理学研究法

【2年次】

心理学のためのプログラミングT・U/アカデミックライティング/応用心理統計学/心理学基礎実験実習/健康心理学/情報デザイン学/医学概論/情報処理心理学/心理アセスメント実習/知覚心理学/臨床心理学概論

【3年次】

人間工学/認知神経科学/社会心理学/心理学的支援法/学習心理学/産業心理学/ヒューマンインタフェース設計学/障害児(者)心理学/心理面接演習/脳情報科学/生涯発達心理学/消費者心理学/感情心理学/ ITシステム応用/心理科学専門実験・演習A・B

【4年次】

心理実践職能論/心理アセスメント/心理学実践領域実習/精神医学概論/福祉心理学/司法心理学/関係行政論

研究室一覧

3年次後学期から研究室に所属し、1年間半、テーマに沿って研究活動に取り組みます。テーマ設定から調査・実験、論文の執筆、発表までを行います。

脳と心の心理学

心理学の産業への応用

臨床心理学の実践と基礎

認知とコミュニケーションの心理学

学科Q&A

Q

心理科学科は、一般的な心理学科の学びとどう違うのでしょうか?

A

工学系の大学で心理学を学ぶという意味で、主に「人の心を数値化して商品やサービスの開発などに応用する」という視点でカリキュラムを組み立てています。
つまり、心の動きを「測定」し、社会で役立てるための技術を身につけるのです。測定には大きく2通りあり、「おいしい」とか「心地よい」といった心理・感性による評価をアンケート調査などで解析する方法がひとつ。もう一方は、ある商品を使ったときの心電図や顔面温度など、脳・生理機能の状態の変化を分析する方法があります。どちらのアプローチにしても、心の動きをデータ化して分析することで、たとえば商品開発などに活かせる技術を学ぶことができます。
さらに、社会心理やコミュニケーション心理、カウンセリングなどの人間関係についての授業をはじめ、ヒューマンインターフェースや人間工学、消費者心理といった、ものづくりやシステム設計への応用を見据えた知識や技術を体得する授業もあり、心理学にまつわる幅広い分野を学びます。

Q

数学や物理が苦手でも大丈夫でしょうか?

A

KITの学科の中でも、もっとも文系に近い学科であり、数学が苦手でも問題はありません。ただし、心理学には統計学が必須なので、本学科にも数学の授業はあります。とはいえ、文系出身の教員が圧倒的多数を占めることもあり、数学が苦手な学生にそれを教えるノウハウはしっかり持っていますから、心配はいりません。

Q

資格の取得は可能ですか?

A

臨床心理士の資格は大学院で学ぶことが必要ですが、KITの大学院には臨床心理士になるための専攻があります。日本心理学会認定の認定心理士は、本学科の通常カリキュラムに教職課程を加えた指定の単位を取り、卒業時に申請すれば取得可能です。また、2018年秋に施行される「公認心理師法」に基づく新しい国家資格である、公認心理師の資格取得にも対応する予定で、そのためのカリキュラムを準備しています。

Q

就職先はどのような企業ですか?

A

メーカーにしてもサービスを提供する会社にしても、コンシューマを対象とするあらゆる企業で活躍できます。特に脳や生理関係の変化を数値化してマーケティングに応用する技術は、産業界で注目を集めており、本学科への企業からの期待が非常に高まっています。また、ユーザーの声を商品開発に活かす部門においても、アンケートの項目作成や集計方法などに心理学に基づいたノウハウが大いに活用できるため、あらゆる業界のヒット商品の開発に本学科での学びが役立つはずです。
ほかにも、心理学に基づいたシステム構築ができることから、システムエンジニアとしてIT業界で活躍したり、コミュニケーション力を活かして流通系や観光系のサービス業に進んだりする卒業生もいます。
これまでも大学院に進んで臨床心理士をめざす卒業生もいましたが、今後は、公認心理師資格の取得が可能になることで、活躍の場はさらに広がるでしょう。

学科紹介リーフレット

心理科学科を紹介するリーフレットです。

進路・資格

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • アドウェイズ
  • 石川県庁
  • インフォメーション・ディベロプメント
  • 遠州鉄道
  • コネクシオ
  • コマニー
  • JAバンク石川
  • 日本郵便
  • パシフィックシステム
  • パナソニックコンシューマーマーケティング
  • ファーストリテイリング
  • 富士通
  • 富士通フロンテック
  • 北國銀行
  • ユニーグループ・ホールディングス
  • リコージャパン

取得推奨資格

  • 認定心理士
  • 人間工学准専門家
  • 臨床心理士(要大学院進学)
  • 公認心理師(予定)

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(情報)

交通アクセス
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.