心理情報学科

心の働きを測定・評価する技術と情報技術とを活用し、製品やサービスなどの企画・開発ができる人材の育成を目指す。

本学臨床心理学専攻と心理情報学科は、心理職の国家資格である「公認心理師」への対応を進めております。

キーワード
  • ・心のはたらき
  • ・心理測定/評価技術
  • ・認知と感性
  • ・人間親和性

学ぶ領域

①社会と産業への応用
心のはたらきを活かしたものづくりと臨床場面にも対応できる心理学の応用技術を学ぶ。
②認知と感性の心理学
脳機能や生理機能を理解し、心のはたらきを測定・評価する手法・技術をを学ぶ。

専門科目一覧

【1年次】

情報フロンティア大意(心理情報)/Webデザイン/心理学概論/ITシステム基礎/プログラミング基礎/心理学研究法

【2年次】

心理学のためのプログラミングT・U/アカデミックライティング/応用心理統計学/心理学基礎実験実習/実験心理学/情報デザイン学/医学概論/情報処理心理学/心理アセスメント実習/知覚心理学/臨床心理学概論

【3年次】

認知神経科学/人間工学/心理情報専門実験・演習A・B/性格心理学/記憶心理学/ヒューマンインターフェース設計学/社会心理学/産業心理学/カウンセリング心理学/ ITシステム応用/生涯発達心理学/感情心理学/脳情報科学/支援心理学/消費者心理学

【4年次】

心理情報学統合演習

研究

4年次には学科の研究室に所属し、1年間、テーマに沿って研究活動に取り組みます。

学科Q&A

Q

学科名に「情報」がつくことで、一般の心理学科とどこが違うのですか?

A

一般の心理学科と違い、人間の心理が情報処理をしていると捉え、それをどう役立てるかを考えます。授業内容も「心の働きはどうなっているのか」という文系的な関心と、「それを数値化して商品開発やシステムやサービスの開発につなげる」という工学的応用やビジネス的応用を視野に入れたカリキュラムが組まれています。
授業体系は、心理学の概念や実験を学ぶものと、ものづくりに活かすための応用に大別できます。人の情報処理の仕組みを勉強する分野と、それを社会や産業や人間関係に臨床的にどう活かすかを勉強する分野、両方を学ぶわけです。

Q

入学してから数学は必要ですか?

A

測定したデータを分析したり処理したりするので、数学は必要となってきます。特に情報を数値化するための統計はデータの分析によく使います。数学を用いることで、数値に裏付けられた結果を得ることができるのです。

Q

心理をものづくりに活かすとは、たとえばどのようなイメージですか?

A

次世代スマートフォンなどがいい例ですが、使いやすいだけでなく「使っていて気持ちがいい」商品の開発も目標のひとつです。人が気持ちよく思っていることをどう測定し数値化・定量化するかということです。一般の心理学の応用ともいえる分野まで踏み込んでいきますので、生理的評価や感性的・官能評価にも詳しい「人の心理がわかる技術者」になることができます。

Q

就職状況、また卒業生の主な就職先は?

A

一般に心理学科というのは就職が厳しいといわれていますが、心理情報学科は人間の心理情報を勉強しものづくりにつなげる工学的なアプローチを学ぶので、結果的に就職率が高くなっています。 就職先としては、IT業界のシステムエンジニアや、流通系や観光系、ホテルなどのマネージャーや店長、メーカーの商品企画など、ものづくりの現場から、人を扱う仕事、コミュニケーション力の必要な仕事など、幅広くなっています。また、臨床心理の専門家をめざす人もいます。

Q

取得可能な資格や、それらの受験資格について教えてください。

A

認定心理士、人間工学準専門家、臨床心理士、高校の「情報」教員免許などの受験資格が取得できます。認定心理士は民間資格で、本学科の通常カリキュラムに教職課程を加えた指定の単位を取り、卒業時に申請すると認定心理士になれます。臨床心理士になるには大学院で学ぶ必要がありますが、KITの大学院には臨床心理士になるための専攻があります。

学科メディアコンテンツ

学科紹介ビデオ

心理情報学科をダイジェストで紹介します。

動画での紹介はこちら

学生の活躍

進路・資格

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • アドウェイズ
  • 石川県庁
  • SMBC日興証券
  • 遠州鉄道
  • オリエンタルチエン工業
  • コマニー
  • JAバンク石川
  • ゼビオ
  • 高桑美術印刷
  • 高松機械工業
  • パナソニックリビング中部
  • 富士通ミッションクリティ
     カルシステムズ
  • 北國銀行
  • ヤマト運輸
  • ユニーグループ・ホール
  • ディングス
  • リコージャパン

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得できる推奨資格

  • 技術士補(卒業後技術士)
  • 情報処理技術者
  • 一般計量士
  • 作業環境測定士
  • 知的財産管理技能検定
  • CG-ARTS検定
  • カラーコーディネーター検定
  •  2級・3級
  • 日商簿記検定 2級・3級
  • 福祉住環境コーディネーター検定
  •  2級・3級
  • 実用英語技能検定 1〜準2級
  • 工業英語能力検定 1〜4級
  • 日本漢字能力検定 準1〜3級
  • 秘書技能検定 準1〜3級
  • 日本語検定 1〜3級
  • インターネット検定
  •  (.com Master ☆・☆☆・☆☆☆)
  • 家電製品エンジニア・アドバイザー
  • 照明コンサルタント
  • インテリアプランナー(20歳以上)
  • 認定心理士
  • 認定人間工学準専門家
  • 認定人間工学アシスタント
  • ファシリティーマネージャー
  • FE試験
  • ITコーディネータ
  • 品質管理検定(QC検定) 1〜4級
  • 実用数学技能検定 1〜3級
  • TOEIC
  • ドイツ語技能検定試験 1〜4級
  • 中国語検定試験 1〜準4級
  • MOS
  • 韓国語能力試験
  • 現代用語能力検定
  • 語彙・読解力検定

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(情報)

教育目標

人の心についての興味・関心が高まっており、21世紀は「心の時代」といわれている。本学科では、この心のはたらきを科学的に捉えて、測定・評価する技術を修得して、人ともの、人と社会、そして人と人との適切な関係を構築できることを目指している。そこで、心理学と情報技術とを融合して、安全で、心地よく、楽しく使うことができる製品やシステムの企画・開発、人の心のはたらきに配慮したサービスの提案を行うことができる人材を育成する。

修得する知識・能力

①情報技術活用能力
情報に関する基礎的素養および情報処理の基礎と応用を学び、コンピュータやインターネットを日常的に利用することができる。また、表計算、コンピュータシステムなどを学び、さらに、プログラミング演習を通してプログラムの記述能力を高めると同時に、コンピュータを自在に活用することができる。
②心のはたらきの測定・評価能力
人間の情報処理機構、人間の身体的構造、および人間の情意システムについて心理学的説明を行うことができる。また、心理学の基本的な枠組みを理解し、心理学の基本的な実験の実習を通して、心理学の考え方を体験し、人間の知情意それぞれの働きについて心理測定評価を行うことができる。
③心のはたらきの応用化能力
心理学的知識を活用して、心のはたらきをものづくりとひとづくりに活かすための方法を修得することで、人間親和性の高い情報デザイン・システム・サービスの開発、すなわち、わかりやすく、快適で、親しみやすい、身の回りの製品・福祉機器・システム設計開発を行うことができる。
④プロジェクト遂行能力
心の働きが関わる諸問題について、これまでに学んできた知識を活用して、科学的な方法を用いた研究を計画、遂行し、レポートやプレゼンテーションにより明確に表現できる。
⑤キャリアデザイン能力
実社会において心理学の知識が生かされる場面を理解し、社会の動向、求められる人物像、就職環境などを把握して、将来の進路を展望し、自らの進むべき方向を決定できる。
所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.