情報フロンティア学部

メディア情報学科

芸術的感性と情報テクノロジーを結びつけたコンテンツ、サービス、システムを開発・運用できる人材の育成を目指す。

動画コンテンツ

学生の活躍

教育目標

われわれの身の回りには、いたるところにさまざまなメディアを通じた情報コミュニケーションが存在する。本学科では、CG、モバイル技術、ネットワークセキュリティーなどの最新の情報テクノロジーと、映像、音楽、Webサイトなどのコンテンツ制作のための感性的な基礎を修得し、さらに両者を統合的・実践的に結びつける企画力・実行力を身につけ、社会のあらゆる分野でコンテンツ、サービス、システムを開発・運用できる、柔軟で創造力のある人材を育成する。

キーワード
  • ・情報テクノロジー
  • ・コンテンツデザイン
  • ・論理と感性の融合
  • ・マルチメディア

学ぶ領域

①メディアテクノロジー
CG、モバイル技術、ネットワークセキュリティーなどに必要な最新の情報テクノロジーを学ぶ。
②メディアデザイン
映像、音楽、Webサイトなどを効果的にデザインするための技術・感性と科学的設計手法を学ぶ。

修得する知識・能力

①情報技術の基礎能力
情報テクノロジーの基礎的な知識と技能に習熟し、それらを活用できる。
②ネットワーク構成・運用能力
コンピュータネットワークを構築し、安全に運用できる。
③アプリケーション開発能力
マルチメディアコンテンツを取り扱ったアプリケーションソフトウェアを開発できる。
④コンテンツ制作のための基盤能力
マルチメディアコンテンツを制作するための背景となる、情報学、生理学、社会学、歴史学、感性工学などの基盤的知識を身につけ、実際のコンテンツ制作に応用できる。
⑤メディアコンテンツのデザイン能力
映像、音楽、Webサイトなどのメディアコンテンツをデザインするための技能と感性を身につけ、実際にコンテンツを制作できる。
⑥プロジェクト推進能力
メディアテクノロジーの知識、技能、およびコンテンツデザインのための理論、技能、感性を動員して、メディア情報に関するシステム、製品、作品などを論理的過程を経て制作できる。また、その有効性を科学的に検証し、改善することができる。
⑦キャリアデザイン能力
メディア情報に関する産業界の動向、求められる人物像、就職環境などを把握して、将来の進路を展望し、自らの進むべき方向を決定できる。

研究紹介サイト

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • Ateam
  • NECソリューションイノベータ
  • NRIネットコム
  • 関西テレビソフトウェア
  • グラフィック
  • 京セラコミュニケーションシステム
  • 廣済堂
  • サイバーエンジェント
  • 集英社
  • DMM.comラボ
  • P.A.ワークス
  • 日立公共システム
  • JR西日本
  • 富士通北陸システムズ
  • 三菱電機インフォメーションシステ
     ムズ
  • ミライト
  • ヨシダ印刷
  •   

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得できる推奨資格

  • 技術士補(卒業後技術士)
  • 情報処理技術者
  • 知的財産管理技能検定
  • 電気取扱業務安全衛生特別教育
  •  (認定)
  • CG-ARTS検定
  • カラーコーディネーター検定
  •  2級・3級
  • 日商簿記検定 2級・3級
  • 実用英語技能検定 1〜準2級
  • 工業英語能力検定 1〜4級
  • 日本漢字能力検定 準1〜3級
  • 秘書技能検定 準1〜3級
  • 日本語検定 1〜3級
  • インターネット検定
  •  (.com Master ☆・☆☆・☆☆☆)
  • シスコ技術者認定
  • ORACLE MASTER
  • Javaプログラミング
  • 照明コンサルタント
  • インテリアプランナー(20歳以上)
  • ファシリティーマネージャー
  • 映像音響処理技術者
  • FE試験
  • ITコーディネータ
  • 品質管理検定(QC検定) 1〜4級
  • 実用数学技能検定 1〜3級
  • TOEIC
  • ドイツ語技能検定試験 1〜4級
  • 中国語検定試験 1〜準4級
  • MOS
  • 韓国語能力試験
  • 現代用語能力検定
  • 語彙・読解力検定

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(工業)
高等学校教諭一種免許状(情報)

関連する大学院

教育目標

情報科学・心理学という異分野を融合し、本専攻では複合的視点を持って問題解決のできる能力を養う。人とものの親和的関係を構築するための基礎的・応用的研究を通して、情報コンテンツを含む新たな商品を創造するテクノロジーを修得し、人と社会に役立つモノづくりができる高度専門技術者・研究者の養成を目指す。

カリキュラム、科目概要

・システム設計工学専攻のカリキュラムはCampus Noteの「大学院カリキュラムフロー・科目概要」をご覧ください。

Campus Note 学生便覧 学部・大学院

・科目の詳細は「大学院学習支援計画書(シラバス)」をご覧ください。

大学院学習支援計画書(シラバス)

所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.