メディア情報学科

映像、CG、音楽、アニメーション、Web、モバイルアプリ、ゲーム……わたしたちの身の周りには、さまざまな「メディア」が存在しています。感動を生むメディアには、優れたデザインが欠かせません。また、現代のメディアのほとんどは、コンピュータにより開発・運用されています。メディア情報学科では、「メディアデザイン」と「メディアテクノロジー」の2つの側面から、メディアの制作について学ぶことができます。そして、この2つを結びつけ、新たなメディアを創造するための企画力、設計力、開発力を身につけます。

「デザイン×コンピュータ」。その学びを、メディア情報学科で。

キーワード
  • メディア/コンテンツデザイン
  • 情報テクノロジー
  • マルチメディア
  • Webコンテンツ
  • ネットワークセキュリティ
  • CG、ゲーム、音楽

学ぶ領域

①メディアテクノロジー
CG、モバイル技術、ネットワークセキュリティーなどに必要な最新の情報テクノロジーを学ぶ。
②メディアデザイン
映像、音楽、Webサイトなどを効果的にデザインするための技術・感性と科学的設計手法を学ぶ。

専門科目一覧

【1年次】

情報フロンティア大意(メディア情報)/Webデザイン/感性形成演習
ITシステム基礎/プログラミング基礎/ドローイング

【2年次】

アカデミックライティング/プログラミング/サーバ管理入門/メディア情報論T・U/コンピュータシステム/3Dデッサン/コンピュータグラフィックス演習/メディア応用/オブジェクト指向プログラミング/情報ネットワーク/音楽・音響情報処理/アニメーション制作演習

【3年次】

メディア情報専門実験・演習A・B/情報セキュリティ/データベース/ゲーム制作演習/Webプログラミング/メディア情報論V/メディアデザイン/作品制作/ネットワークとセキュリティ演習/モバイルアプリケーション/Webアプリケーション/画像情報処理/メディア数理

【4年次】

メディア情報学統合演習

研究室一覧

3年次後学期から研究室に所属し、1年間半、テーマに沿って研究活動に取り組みます。テーマ設定から調査・実験、論文の執筆、発表までを行います。

メディアテクノロジー

メディアデザイン

学科Q&A

Q

メディア情報学科では、どんなことを学ぶのですか?

A

メディアテクノロジーとメディアデザインという領域をともに学んで、実践的に活用する力を身につけます。メディアテクノロジーとはWeb、プログラミング、モバイル、デジタルイメージなどの情報技術など。中でも、ネットワークに関連する技術はメディアでは重要になるので力を入れています。対してメディアデザインは、映像や音楽、CGなどを活用したコンテンツ作成に必要な技術とデザインの方法論を学びます。また、コンテンツづくりに必要な感性的要素を学ぶことも特徴です。
それぞれをコース分けせずにともに学び、技術を活用した新しいコンテンツやサービスを生み出せる人材を育てることにこだわっています。技術を習得するだけでなく、技術を応用して新しいものを生み出す「企画力」、具体的にコンテンツやシステム、サービスに落とし込む「設計力」、そしてそれを開発する「開発力」という3つの力を養うことが本学科の教育の目的です。

Q

メディア情報学科の学びの特徴は、どのような点にありますか?

A

授業では基礎を学びさらに応用力を養うため、学生たちが自ら考えてオリジナルなモノをつくることを課題に取り入れています。たとえば、メディアデザインの授業では、モバイル端末の基礎技術である加速度センサーなどを活用し、傾けるアクションに応じてコンテンツが変化するような、人々の感性に訴えかけるユーザーインターフェースを考え、開発するまでをチームで取り組みます。
また、ビジュアルや音楽、ITなどの専門分野について、社会とのつながりを強く意識した教育・研究を行います。本学科では産学連携研究を実践している教員も多いので、社会が求めているものが何かを経験を元に教えられ、それに応える研究成果を追求できることが強みだと思います。連携した企業・行政からも、「KITの学生は実践力がある」という評価をよくいただいています。

Q

メディア情報を学ぶには、どんな人が向いているのでしょうか?

A

何かを表現したいという意欲があり、それを粘り強く追求できる人が向いています。好奇心も重要ですが、クリエイティブな仕事には、つくり上げた後もさらによりよいものに改良してブラッシュアップを続ける姿勢が必要です。その意味では、現状に満足せず、向上心がある人ほど伸びるといえるでしょう。

Q

就職先の傾向を教えてください。

A

ソリューション系のSEをはじめ、ゲームデザイナー、Webサービス関連のSEやコンテンツデザイナーなど、ユーザーにより近いポジションで活躍している人が目立ちます。情報の基礎技術を開発する部門より、ユーザーのニーズをくみ取りながら、ソリューションを提案していくという、ユーザーに近い部分でのSEが近年では特に求められています。そのような職務では、顧客とコミュニケーションをはかって、どういうものが求められているかを提案し、開発していける人材が必要です。したがってコミュニケーション力も重要です。企業側も、技術面がわかっていて、その上でサービス全体を提案できる人を求めていますので、その意味でもKITの教育が意味を持ってくるのです。

学科紹介ビデオ

メディア情報学科をダイジェストで紹介します。

メディア情報学科 学科紹介ビデオ

進路・資格

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • アドウェイズ
  • アルファシステムズ
  • NECソリューションイノベータ
  • 京セラコミュニケーションシステム
  • 廣済堂
  • サクサ
  • 西日本旅客鉄道(JR西日本)
  • 積水ハウス
  • DMM.comラボ
  • 日本郵便
  • 博報堂プロダクツ
  • PFU
  • 富士ソフト
  • 富士通
  • 北陸通信ネットワーク
  • 三谷産業
  • 三菱電機インフォメーション
  •  システムズ
  • ミネベアミツミ
  • ミライト

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得推奨資格

  • 情報処理技術者
  • CG-ARTS検定
  • マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
  • インターネット検定(.com Master)
  • 映像音響処理技術者
  • カラーコーディネーター検定 2級・3級

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(工業)

高等学校教諭一種免許状(情報)

学習・教育目標

われわれの身の回りには、いたるところにさまざまなメディアを通じた情報コミュニケーションが存在する。本学科では、CG、モバイル技術、ネットワークセキュリティなどの最新の情報テクノロジーと、映像、音楽、Webサイトなどのコンテンツ制作のための感性的な基礎を修得し、さらに両者を統合的・実践的に結びつける企画力・実行力を身につけ、社会のあらゆる分野でコンテンツ、サービス、システムを開発・運用できる、柔軟で創造力のある人材を育成する。

交通アクセス
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.