メディア情報学科

映像、CG、音楽、アニメーション、Web、モバイルアプリ、ゲーム……わたしたちの身の周りには、さまざまな「メディア」が存在しています。感動を生むメディアには、優れたデザインが欠かせません。また、現代のメディアのほとんどは、コンピュータにより開発・運用されています。メディア情報学科では、「メディアデザイン」と「メディアテクノロジー」の2つの側面から、メディアの制作について学ぶことができます。そして、この2つを結びつけ、新たなメディアを創造するための企画力、設計力、開発力を身につけます。

「デザイン×コンピュータ」。その学びを、メディア情報学科で。

キーワード
  • ・メディア/コンテンツデザイン
  • ・情報テクノロジー
  • ・マルチメディア
  • ・Webコンテンツ
  • ・ネットワークセキュリティ
  • ・CG、ゲーム、音楽

学ぶ領域

①メディアテクノロジー
CG、モバイル技術、ネットワークセキュリティーなどに必要な最新の情報テクノロジーを学ぶ。
②メディアデザイン
映像、音楽、Webサイトなどを効果的にデザインするための技術・感性と科学的設計手法を学ぶ。

専門科目一覧

【1年次】

情報フロンティア大意(メディア情報)/Webデザイン/感性形成演習
ITシステム基礎/プログラミング基礎/ドローイング

【2年次】

アカデミックライティング/プログラミング/サーバ管理入門/メディア情報論T・U/コンピュータシステム/3Dデッサン/コンピュータグラフィックス演習/メディア応用/オブジェクト指向プログラミング/情報ネットワーク/音楽・音響情報処理/アニメーション制作演習

【3年次】

メディア情報専門実験・演習A・B/情報セキュリティ/データベース/ゲーム制作演習/Webプログラミング/メディア情報論V/メディアデザイン/作品制作/ネットワークとセキュリティ演習/モバイルアプリケーション/Webアプリケーション/画像情報処理/メディア数理

【4年次】

メディア情報学統合演習

研究

4年次には学科の研究室に所属し、1年間、テーマに沿って研究活動に取り組みます。

学科Q&A

Q

メディア情報学科は、情報フロンティア学部のほかの2学科とどこが違うのですか?

A

情報フロンティア学部にはメディア情報学科、心理情報学科、経営情報学科という3つの学科があります。それぞれ情報の頭に「メディア」「心理」「経営」とついていますが、これは社会との接点を表しています。それぞれ、情報の社会への応用の仕方に差があるわけですね。その中でメディア情報学科というのは、メディアという側面を通じた社会との関わりを勉強していきます。私たちの身の回りにはさまざまなメディアを通じた情報コミュニケーションがあります。そこにはCG、モバイル、ネットワークなどのテクノロジーがあり、コンテンツとして映像、音楽、webサイトなどがあるわけです。これらを総合的に学んで、実践的に結びつける企画力・実行力のある人材を育成するのが本学科です。

Q

情報工学科とは何が違うのですか?

A

コンピュータ技術を元にメディアをデザインし、コンテンツを開発する応用を学ぶのがメディア情報学科であり、コンピュータの技術を学ぶのが情報工学科です。

Q

授業の中では実際に制作物をつくりますか?

A

アプリケーションやゲームをつくったり、Webサイトをデザインしたりと、制作物をどんどんつくります。結局、教科書の演習問題をやっているだけでは、制作能力は養われません。制作は1人ですることもありますが、多くはチームで取り組みます。みんなで意見を戦わせて1つのものをつくり上げるプロセス自体、多くを学べると思います。実際、企業で制作を行うときもチーム活動が多く、アイデアや技術的なこと以外にもコミュニケーション能力が重要だったりしますから、そのあたりも体験的に身につくわけです。

Q

メディア情報学科の学びのポイントはどこにありますか?

A

メディア情報学科の学びは、情報を基礎として、メディアテクノロジーとメディアデザインの2本の柱が立っているイメージです。実際に世の中に出る製品というのは、技術に裏付けられた機能の部分、デザインなど感性的な部分の両方が優れていることでユーザーに受け入れられるのです。本学科では、その両方を学ぶことで、2つの分野の人たちそれぞれを理解したり、またその人たちの間に立ってコミュニケーションを成立させたりできる人材、「テクニカルコミュニケーター」を育てています。
ですから、本学科での学びで、クリエイターだけでなく、ディレクターもめざすことができます。クリエイターとしての知識だけでなく、ディレクターとして必要な知識も勉強します。

Q

それは就職の際にも活きますか?

A

はい、この学科で幅広く学び、メディアに関するテクノロジーやデザインも理解し、コミュニケーション能力もある人材となれば、技術者、クリエイター、ディレクターなど、間口は大きく広がります。

学科メディアコンテンツ

学科紹介ビデオ

メディア情報学科をダイジェストで紹介します。

動画での紹介はこちら

学生の活躍

進路・資格

主な就職先 (過去3年間の卒業生実績)

  • Ateam
  • NECソリューションイノベータ
  • NRIネットコム
  • 関西テレビソフトウェア
  • グラフィック
  • 京セラコミュニケーション
  • システム
  • 廣済堂
  • サイバーエンジェント
  • 集英社
  • DMM.comラボ
  • P.A.ワークス
  • 日立公共システム
  • JR西日本
  • 富士通北陸システムズ
  • 三菱電機インフォメーション
  • システムズ
  • ミライト
  • ヨシダ印刷
  •   

以下の企業に就職した卒業生の学生時代の活躍を動画で紹介

取得できる推奨資格

  • 技術士補(卒業後技術士)
  • 情報処理技術者
  • 知的財産管理技能検定
  • 電気取扱業務安全衛生特別教育
  •  (認定)
  • CG-ARTS検定
  • カラーコーディネーター検定
  •  2級・3級
  • 日商簿記検定 2級・3級
  • 実用英語技能検定 1〜準2級
  • 工業英語能力検定 1〜4級
  • 日本漢字能力検定 準1〜3級
  • 秘書技能検定 準1〜3級
  • 日本語検定 1〜3級
  • インターネット検定
  •  (.com Master ☆・☆☆・☆☆☆)
  • シスコ技術者認定
  • ORACLE MASTER
  • Javaプログラミング
  • 照明コンサルタント
  • インテリアプランナー(20歳以上)
  • ファシリティーマネージャー
  • 映像音響処理技術者
  • FE試験
  • ITコーディネータ
  • 品質管理検定(QC検定) 1〜4級
  • 実用数学技能検定 1〜3級
  • TOEIC
  • ドイツ語技能検定試験 1〜4級
  • 中国語検定試験 1〜準4級
  • MOS
  • 韓国語能力試験
  • 現代用語能力検定
  • 語彙・読解力検定

取得できる教育職員免許状

高等学校教諭一種免許状(工業)

高等学校教諭一種免許状(情報)

教育目標

われわれの身の回りには、いたるところにさまざまなメディアを通じた情報コミュニケーションが存在する。本学科では、CG、モバイル技術、ネットワークセキュリティーなどの最新の情報テクノロジーと、映像、音楽、Webサイトなどのコンテンツ制作のための感性的な基礎を修得し、さらに両者を統合的・実践的に結びつける企画力・実行力を身につけ、社会のあらゆる分野でコンテンツ、サービス、システムを開発・運用できる、柔軟で創造力のある人材を育成する。

修得する知識・能力

①情報技術の基礎能力
情報テクノロジーの基礎的な知識と技能に習熟し、それらを活用できる。
②ネットワーク構成・運用能力
コンピュータネットワークを構築し、安全に運用できる。
③アプリケーション開発能力
マルチメディアコンテンツを取り扱ったアプリケーションソフトウェアを開発できる。
④コンテンツ制作のための基盤能力
マルチメディアコンテンツを制作するための背景となる、情報学、生理学、社会学、歴史学、感性工学などの基盤的知識を身につけ、実際のコンテンツ制作に応用できる。
⑤メディアコンテンツのデザイン能力
映像、音楽、Webサイトなどのメディアコンテンツをデザインするための技能と感性を身につけ、実際にコンテンツを制作できる。
⑥プロジェクト推進能力
メディアテクノロジーの知識、技能、およびコンテンツデザインのための理論、技能、感性を動員して、メディア情報に関するシステム、製品、作品などを論理的過程を経て制作できる。また、その有効性を科学的に検証し、改善することができる。
⑦キャリアデザイン能力
メディア情報に関する産業界の動向、求められる人物像、就職環境などを把握して、将来の進路を展望し、自らの進むべき方向を決定できる。
所在地一覧
921-8501 石川県野々市市扇が丘7-1 TEL:076-248-1100
  • ハイ・サービス日本300選
  • JIHEE[(財)日本高等教育評価機構 認証評価]
  • JUAA[(公財)大学基準協会]

K.I.T.(ケイアイティ)は金沢工業大学のブランドネームです。

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.